ゴーン氏の高給取りは三菱自でも

三菱自動車は29日、取締役に支給できる報酬総額の上限枠を
3倍の30億円とする方針を明らかにした。

7a


12月14日開催の臨時株主総会で正式決定する。
三菱自は上限枠の拡大を「社外や海外も含めた優秀な人材の中から取締役を任命できるようにするため」としているが、筆頭株主になった日産自動車のカルロス・ゴーン社長が同日付で三菱自会長に就任予定で、高給取りで知られるゴーン氏の報酬対策という側面もありそうだ。 29日に自社ホームページに掲載した株主総会招集通知に盛り込んだ。現在は総額年9億6000万円以内としている取締役報酬額を、業績に連動させる仕組みを新設するなどして年20億円以内に倍増。これとは別に年10億円以内の株価連動報酬などを設定する。 1990年代後半、経営危機に陥った日産に着任しリストラなどでV字回復させたゴーン氏は、世界的な敏腕経営者として知られる一方、桁違いな報酬額でもしばしば話題になってきた。2015年度に日産から支払われた報酬額は10億7100万円。世界首位のトヨタ自動車社長より多く、民間の信用調査会社、東京商工リサーチによると15年度の国内企業の取締役報酬としては5位だった。  ゴーン氏は日産の筆頭株主、仏ルノー会長も兼務しておりルノーからも15年に8億円余りの報酬を得た。ルノーの報酬は筆頭株主の仏政府から「高過ぎる」との批判を受け、16年は減額の方向だが、三菱自の報酬も加われば総報酬額は飛躍的に増える可能性がある。  もっとも三菱自が実際に15年度支払った取締役報酬は、社外取締役を除く10人合計で4億2300万円にとどまり、1人で1億円を超えた取締役はゼロ。16年度は、燃費不正に伴う販売不振などの影響で最終(当期)赤字に転落する見通しで、報酬を増額できる環境にない。ゴーン氏が三菱自から高額報酬を得るためには、業績のV字回復が必須になる。
mainichi.jp

三菱自からの配当金だけでもベラボなのにねぇ

[PR]

by ganbaremmc | 2016-11-30 07:09 | 三菱自動車 | Comments(3)

Commented by GIN at 2016-11-30 08:44 x
記事になってましたね。すいません。
Commented by 初代ek愛好者 at 2016-11-30 10:05 x
「10人合計で4億2300万円にとどまり」とあるが、平均一人4200万円?会社をボロボロにした三菱自の役員たちには、高すぎる。責任も取らず、結局逃げてしまった連中が。関連倒産を引き起こした責任だよ。
Commented by ganbaremmc at 2016-11-30 10:15
> 初代ek愛好者さん
まったくです。
こんな金払うなら、やめていった優秀な技術者たちを
呼び戻すためにつかってほしい