国沢氏 N-BOXの新型は遅れる見通し

2011年12月にデビューしたホンダの軽ハイトワゴン“N-BOX”がすでに6年目を迎えた。軽自動車のモデルチェンジサイクルは4~5年ということもあり、2016年後半に新型車を発売すると言われていたけれど、
どうやら1年程度延期されるらしい。
なぜか?現行モデルの売れ行きが依然として好調だからである。

7a

N-BOXは11月こそノートに負けたものの、今でもプリウスと激烈なTOP争いを繰り広げており、全く勢いが落ちない。しかもN-BOXの売れ筋モデルにオプションを加えれば200万円近くなり、利益率だって上々。伸び悩む国内販売を横目に、ホンダの稼ぎ頭となってます。こうなると次期型モデルにプレッシャーが掛かってくる。フルモデルチェンジして売れ行き落ちたらホンダにとって一大事。困ったことにホンダの歴史を辿ると、プレッシャー掛かった時はガチガチの保守に走ってしまう。これまでの傾向を見てみると、人気が出たモデルのフルモデルチェンジは地味になり、1~2年で失速してしまうのだった。かといって軽自動車は自由度という点で極めて少ない。ボディサイズも全長と全幅が決まっているため車高しか変えられず。車高だって上げれば良いってモンじゃないです。結果、新型と従来型を見分けられないようなN-BOXになってしまうことだろう。となれば技術的なアドバンテージが必要か?一段と燃費の良いパワーユニットなのか、次世代の自動ブレーキシステムなのか不明だけれど、あっと驚くような隠し球を持っていないと勝負にならない。ホンダの場合、勝負に出るなら徹底的に出遅れてしまっている自動ブレーキだろうか?現在販売してるシステムだと「無いよりマシ」程度。
いずれにしろ新しい技術を導入しようとすれば、2017年のフルモデルチェンジに間に合わないということなのだろう。幸い現行モデルの売れ行きは順調。ライバルであるタントもスペーシアもイマイチ伸び悩んでしまっている。当面は勝負していけると判断したのかもしれません。2017年のホンダ国内販売は、大きなニュース無し。シビックの導入を予定しているものの、自動車関係者の大半が「日本で売れないクルマをなぜ?」と言うほどで失敗確実。さらにN-BOXまで失敗したら立ちゆかなくなってしまう。慎重になるのも当然かもしれない。果たして次期型N-BOXどうなる?
国沢光宏
[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-14 08:14 | ホンダ | Comments(5)

Commented by 名無し at 2016-12-14 22:11 x
発売前からシビックが失敗とは...根拠は?
そもそも日本はセダンが売れなくなっているし、元々ホンダはセダンが弱い。
グレイスより売れれば成功だと思うが。
Commented by cvcc at 2016-12-14 22:21 x
国沢氏は何度も何度も執拗に新型シビックの事前ネガキャンをしてますね
外国でBR-Vを借りた時に、ホンダの販売戦略に対してホンダに言おうとしたら、あまり相手にされなかったと鼻息荒かったので、その意趣返しな気がしてしまうくらい執拗ですね。
Commented by クルマニア at 2016-12-14 23:14 x
ってことはN-ONEとかも遅れるのかな?
Commented by ホンダ党 at 2016-12-15 20:01 x
この人もう少しマシだと思っていたがそうじゃないらしい。シビックのクラスは確かに市場規模こそ少ないがホンダはそのクラスがヴェゼルくらいしかない程空白になってる。だから販売でそのクラスを求める顧客がみんな他社に流れた。いわば弱点の補強なんだよ。年をめされて視野が狭くなってませんか?あとN-BOXは来年フルモデルチェンジ予定だし、シビックも秋頃導入ほぽ確定だよ。
Commented by llll at 2016-12-17 03:15 x
欧州車に流出した人の取り戻しで、初代プリメーラみたいにスバルとマツダがそこそこの成果を挙げているそうですね。それの柳の下の鰌狙いなんでしょう。ただ、なぜセダンだけなんでしょう。ハッチバックとツアラーは?