【動画追加】三菱自 岡山県の訪問団に対し「技術力が低いところは厳しい」


三菱自動車の水島製作所がある岡山県倉敷市の伊東香織市長らが14日、カルロス・ゴーン会長(日産自動車会長兼社長)を訪ね、安定操業や関連企業の生産拡大に配慮を要請した。  ゴーン氏は下請け企業との取引について「技術力と競争力がある企業は、三菱自だけでなく日産、ルノーとも(取引の)可能性が広がっていく」と話す一方、「技術力が低いところは厳しい」と応じた。  伊東市長が面会後、やりとりを明らかにした。同市長には水島製作所の取引先企業が多く所在する岡山県内9市町の首長らが同行。ゴーン氏は、同製作所を訪問する機会を設ける意向も示したという。 
時事通信


[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-15 08:31 | 三菱自動車 | Comments(0)