スズキ「スイフト」の全面改良が早まった理由

スズキは12月27日、主力のコンパクトカー「スイフト」をフルモデルチェンジ(全面改良)して発表する。2000年の初代から数えて4代目に当たる新型車で、フルモデルチェンジは約6年ぶりとなる。これまで自動車メディアの多くは、4代目スイフトのデビュー時期について、2017年3月に開催されるスイスのジュネーヴショーにおけるワールドプレミアを経て、同5月ぐらいに日本国内でデビューするのではないかという予測を立てていた。それを考えると、今年12月27日のデビューというのはスケジュールがかなり前倒しされた印象が強い。2017年1月に次期型「ワゴンR」が4代目スイフトよりも先にデビューするという観測もあったが、新型ワゴンRのデビューは同2月以降になる可能性もありそうだ。記事冒頭写真のとおり、4代目スイフトの顔つきは現行3代目スイフトのイメージを残しつつも、マツダ「デミオ」のような大開口のラジエーターグリルの採用などで、さらに洗練されたスタイルとなっている。メカニズムについては、スズキの乗用車最新モデルに搭載しているモーターだけで走ることも可能なストロングハイブリッドユニットの搭載や衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」の採用も行われるはずだ。

7e



なぜ、多くの自動車メディアが4代目スイフトのデビュー時期を外してしまったのだろうか。そこにはスズキの競合を意識した戦略がありそうだ。注目は2017年1月12日にトヨタ自動車が予定している「ヴィッツ」のマイナーチェンジ(一部改良)である。「アクア」のユニットを搭載したハイブリッドモデルが追加設定されるという観測が出ている。このタイミングで、ヴィッツと競合するスイフトをぶつけようというのがスズキの狙いであろう。スイフトはスズキの世界戦略車で、インドなど新興国で人気が高まっている。道路や気候など使用条件が劣悪な地域で高い評価を受けるには、耐久性など基本性能の高さも重要視されることもあり、その最新進化を遂げたモデルをホームグラウンドの日本へいち早く投入する施策にスズキの強い意気込みを感じる。

ヴィッツは、次期型の開発をダイハツが担当するといううわさがある。業界内では「ダイハツサイドのコンパクトカーとのプラットフォームなどのパワートレーン共有化のタイミング調整のため、フルモデルチェンジが先送りになる。その延命策が、今回のマイナーチェンジ」という話も飛び交う。鳴り物入りで追加されるハイブリッドもアクアのユニットとなるので目新しさは少ない。それでもトヨタの強大な販売力に加えて、ヴィッツは「レンタカースペシャル」と業界内で揶揄されるほど、レンタカー会社への販売ルートが太い。販売台数の統計上において新型スイフトがヴィッツを追い抜くのは非常に難しいが、目新しさとパフォーマンスの進化を得て登場する4代目スイフトとヴィッツの一部改良モデルを比較して購入検討するユーザーもいるだろう。

今年10月12日に環境や安全、情報技術等の分野での連携強化など、業務提携に向けた検討を開始したトヨタとスズキだが、国内コンパクトカーの市場における競争は過熱している。11月9日に正式発売されたトヨタ「ルーミー」「タンク」ダイハツ工業「トール」、スバル(富士重工業)「ジャスティ」は、販売好調なスズキ「ソリオ」を強く意識したモデルだ。ソリオのような後部リアスライドドアを採用したトールタイプのMPV(多目的車)スタイルを採用。ダイハツが開発及び生産を行い、トヨタとスバルにOEM(相手先ブランドによる生産)供給することでソリオを完全包囲している。

一方のスズキは、11月29日にストロングハイブリッド搭載車をソリオに追加設定。マイルドハイブリッドに続きストロングハイブリッドを追加することで排気量1000ccの3気筒エンジンとターボエンジンモデルをラインナップするルーミー系への対抗意識が見える。ルーミー系とソリオという同コンセプト車であってもトヨタ車とスズキ車を購入する層は微妙に異なる傾向はある。とはいえ販売現場で話を聞くと、ルーミー系とソリオが競合するケースは一部で見られるようだ。昨今のスズキは日本国内で軽自動車以外の登録車(普通乗用車)の販売に積極姿勢を見せている。消費者サイドでは「軽自動車メインのメーカー」というイメージがいまも強く、スズキの登録車を「食わず嫌い」してしまう人は意外なほどまだ多いものの、自動車通の間では「スズキのクルマはなかなか出来がよくなってきた」という評価が高まってきている。対ヴィッツに限らず、4代目スイフトが日本でどう受け入れられるかはスズキの国内登録車販売の今後を占う試金石となりそうだ。
http://toyokeizai.net/articles/-/149875


[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-17 21:05 | スズキ | Comments(4)

Commented by 匿名 at 2016-12-18 09:54 x
やっぱり格好良いな。
デミオのパクりとか言う奴は重度の識別障害でも持ってるのかねぇ。
Commented by 名無し at 2016-12-18 10:15 x
現行スイフトに乗っていたので良いことは
わかっています。ですが手放した最大の原因で
あるあのショボイCVTは改良されているのでしょうか。気になります。
Commented by 捨頭禁 at 2016-12-18 13:05 x
鈴菌だけだな似てないって言ってるの
Commented by 通りすがり at 2016-12-18 22:14 x
今時見てときめく車はスズキスイフト位だ。
MダのDミオみたいなずんぐりデザインやN産のNトみたいなハリボテデザインとは訳が違う。