トヨタ 新型タクシーの燃費はクラウンCの倍

国沢さんがトヨタ 新型タクシーについて調べてくれました。

7c



来年から導入されるトヨタのタクシー専用車のカタログが出回り始めた。詳しく紹介してみよう。
パワーユニットは二酸化炭素の排出量が半分になるハイブリッドを採用している。スペックを見たらカローラハイブリッドと全く同じ、1500ccの74馬力エンジンと、61馬力のモーターを組み合わせるハイブリッドである。面白いのはLPG仕様でもガソリン車と全く同じ出力を出してきていること。 JC08燃費は従来型タクシー(クラウンコンフォート)の8,9km/Lに対し17,8km/Lとちょうど2倍! ・・・・・
続きとカタログ画像はこちら


[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-18 09:51 | トヨタ | Comments(2)

Commented by Swift at 2016-12-18 12:23 x
国沢さん…衝突安全性が1万倍って…あり得んでしょ。
Commented by 名無し at 2016-12-18 22:26 x
FR車ベースのタクシーはプロペラシャフトがあるから、後方からの追突は有利だけど。
ホントに安全なクルマにしたけりゃセーフティセンスCではなくPにすればいいのに。
そもそも助手席に客を乗せるのは日本くらいだよ。
海外では強盗が怖いから助手席に乗せることはさせない。