日産・三菱自・ルノー EV車体統一で価格を二割安く

日産自動車は資本提携する
仏ルノーや三菱自動車と電気自動車(EV)の分野で
車の基本構造であるプラットホーム(車台)を統合する。

7c

電池なども共通化し、
日産の現行車より2割程度安い200万円台前半の価格を目指す。
環境規制の強化で独フォルクスワーゲン(VW)やトヨタ自動車もEVシフトを鮮明にしている。先行する日産はガソリン車並みに価格を下げてライバルの追い上げをかわす。
日産は2010年12月に量産タイプのEVで世界に先駆けて「リーフ」を発売した。
12年にルノーも小型EV「ゾエ」を投入。世界での累計販売台数は計37万台を超えている。ただ、これまでEVの設計・開発は両社で別々に手掛けていたため、リーフの価格は約280万円からと同クラスのガソリン車に比べ50万円ほど高い。 このため、ルノーと三菱自は今後、EV向けプラットホーム(3面きょうのことば)の独自開発を取りやめ、18年をメドに日産が発売する次期リーフのプラットホームに一本化する。3社はモーターやインバーターのほか、EVのコストの4割前後を占めるとされる車載電池の仕様も共通化してトヨタの「カローラ」上位モデル並みの価格まで引き下げる考えだ。 
プラットホームの統合後も外観や内装などについては各社が個別に設計を担い、ブランドの独自性は維持する。 
今春、米テスラモーターズが400万円台からの高級小型セダン「モデル3」の予約受け付けを開始すると、1週間で32万台を超える注文を獲得するなど世界的にも日産・ルノーを上回る人気を集めている。EVの普及を進める中国でも現地の新興EVメーカーである比亜迪(BYD)などが台頭していることから価格を下げ、販売をてこ入れする。
日本経済新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-18 20:24 | 三菱自動車 | Comments(3)

Commented by 匿名 at 2016-12-18 21:24 x
NMKVから軽自動車のEVがそろそろ出てもよさそうだけどね。
Commented by at 2016-12-18 22:37 x
モーターもバッテリーも安く調達出来ればスマホのごとく価格破壊が起きないか心配。中華製とか韓国製とかやらかしそう。
Commented by スバル軽乗り at 2016-12-19 12:34 x
タイトルがミスリードしてる(汗)