三菱自 フィリピン工場で2車種の生産を終了

三菱自動車は、来年10月をめどにフィリピン工場で
2車種の生産を終了する。

7a

2018年1月から現地で導入される
欧州連合(EU)の排ガス基準「ユーロ4」に
現行モデルが対応していないためだ。
政府優遇策「包括的自動車産業振興戦略(CARS)」プログラムの認定を受け、来年初頭から生産を始める小型車「ミラージュ」の生産に当面は専念する。19日付マニラブレティンなどが伝えた。  現地法人、三菱モーターズ・フィリピンズ(MMPC)のフロイラン・ディティアンケン第一副社長(マーケティング部門)が、このほど明らかにした。生産を終了するのは、商用バン「L300」とアジア・ユーティリティー・ビークル(AUV)「アドベンチャー」。2車種は合わせて、MMPCの販売台数全体の約3分の1を占める主力モデルだ。  
同氏によると、MMPCは来年、16年見込みから2割増となる7万4,000台の販売を目指す。フィリピンの新車市場は拡大しており、生産最終年となる2車種のほか、CARS認定のミラージュ、タイから輸入するスポーツタイプ多目的車(SUV)「モンテロスポーツ」などで、販売拡大を狙う。  ディティアンケン氏は、「2018年はミラージュの生産に専念する」とコメント。17年に生産を終了する2車種については、代替モデルを海外から完成車(CBU)で輸入する方針を示した。車種など詳細は明らかにしていない。  MMPCは、ユーロ4対応エンジンを搭載したL300の新モデルを将来的に生産する計画。時期は未定。フィリピン専用車のアドベンチャーについては、将来的に生産を再開する予定はないという。
NNA


[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-20 20:40 | 三菱自動車 | Comments(4)

Commented by 通りすがり at 2016-12-20 21:26 x
こういう車のほうが、クルマらしくてなんだか安心できます。最近のはごてごてオモチャっぽくてなんか…
皮被せでいいから、こういうシンプルなのも出してくれないですかねぇ。結構需要あると思いますけど。
Commented by mtip at 2016-12-21 10:00 x
東南アジアへ行くと、一番目にするのはL300な気がします。
商用車は手堅いでしょうから、早く次が欲しいですね。
Commented by くーまん at 2016-12-21 19:38 x
見切りよさそう。
ディオンのプラットフォームですかね?

流線型デザインは見切りが悪くて
斜め前、斜め後ろの視界が悪いんですよ…
メーカーには車らしい車が
乗りやすくて安全なことに早く気づいて欲しい。
Commented by mtip at 2016-12-22 00:11 x
この画像の車は、フィリピン専用車といいつつも、台湾の中華汽車と中国の東南汽車でよく売れた「ジンガー」という車のフェイスチェンジだと思います。
2代目パジェロ、かつてあったデリカスペースギアのFRがベースじゃないかと。
初代ジンガーはグリル回りがパジェロの完全パクりで、パッと見た感じは酷い車ですが、見慣れると悪くなかったです。
たしか2.4リッターガソリンエンジン、FRのMTで元気に走れるワゴン。ただし5人乗りで値段抑えめ。
良くも悪くも日本ではあり得ない車で、好きでした。
モデル見直しはいいですが、三菱の東南アジア向けはまだ元気があるので、いまの日本のようにはしてほしくはないです。
日産の傘下になったいま、ランエボか、現実的にはミラージュR5をなんとか出してほしいですけど。