三菱自 来年発売予定の新型SUVにクリーンディーゼル搭載

三菱自動車は2017年に発売する新型の小型SUVに
クリーンディーゼルエンジン(DE)を搭載する。

7a



国内向けのクリーンDE車は「パジェロ」「デリカD:5」に続く3車種目になる。
クリーンDE車は国内ではマツダのほか、欧州メーカーが積極的に商品を展開し、燃費の良さやパワフルな走りを売りに販売を伸ばしている。三菱自は人気が高まっている小型SUV市場にもDE車を設定し、国内販売をてこ入れする。  新型車は「アウトランダー」と「RVR」の中間に位置するSUVとして、来年半ば以降の発売を計画している。当初、プラグインハイブリッド車(PHV)も設定する予定だったが、燃費不正問題を踏まえて開発を絞り込み、設定を取りやめる方針を示している。  エンジン車の投入計画は継続し、燃費不正によって落ち込んだ国内販売の回復につなげる。今年度の国内販売台数は、燃費不正問題の影響により、前年度比37・2%減の6万4千台を見込んでいる。新型車の投入時期は当初予定していた7月よりは遅れる見通しだが、新車投入によって、来年度は販売台数の上乗せを目指す。  同社は自社開発の排気量3・2リットル、同2・2リットルのクリーンDEを日欧の市場に投入している。欧州ではRVRとアウトランダーに2・2リットルを、国内では3・2リットルをパジェロ、2・2リットルをデリカD:5に搭載している。グローバル車として投入する新型車にもDE車を設定し、世界的にも人気が高い小型SUV市場で存在感を高める。  クリーンDE車はマツダが新世代商品群に設定しているほか、輸入車ブランドでの設定が増えている。ガソリン車に比べ価格は高いものの、燃費性能と力強い走りが受け入れられ、販売台数は増加している。17年度税制改正のエコカー減税の対象車見直しでも非課税が継続されることが決まった。
日刊自動車新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-22 11:37 | 三菱自動車 | Comments(5)

Commented by 元三菱ファン at 2016-12-22 12:53 x
日本国内向けにはDEは無いでしょうね。
ASXも1800ccDEは投入しなかった。
コスト面で合わないと言うことでしょう。
D5は国内専用車として延命策としてのDE搭載。
かなり無理しての事
期待薄です
Commented by スバル軽乗り at 2016-12-22 18:45 x
まさか日産製orルノー製というオチだったらorz
Commented by at 2016-12-22 18:51 x
これがもしかしたら最期の純粋な三菱開発の車になるのか…
Commented by at 2016-12-22 19:34 x
純粋ゆえに沢山のユーザーに被害が。
少しは他所の血が混じった方が良いのかも。
Commented by フォルティス at 2016-12-23 15:43 x
いやいや わしゃ日産でえらいめにあった。