2リッターNA最速戦で最強だった三菱FTO


[PR]

by ganbaremmc | 2016-12-30 11:55 | 三菱自動車 | Comments(8)

Commented by at 2016-12-30 12:18 x
それもtypeRが現れるまでの話。インベックス4atも先進性あったんだけど。
当時の経緯は知らないがあっという間に売れなくなった。エボ乗りの知人には鉄屑呼ばわりだった。そんな印象。
Commented by 通りすがり at 2016-12-30 12:24 x
typeRが現れるまでっていうかtypeRをその気にさせたって車。FTOが単なるデートカーだったらtypeRもハイチューンじゃなかった。
Commented by at 2016-12-30 12:34 x
本気にさせたら後はブランド力で負けるという。
最後は安全性がどーのこーのであっさりラインナップから消されてやんの。
Commented by mtip at 2016-12-30 14:14 x
あのV6はいい音してました。
個人的には乗ってみたかった1台ですね。
当初の予定通りにFRで出せてたら、なお良かったですけど。
Commented by かずろう at 2016-12-30 18:35 x
2リッターのスポーティーな車が200万弱で買えたんですね。
Commented by 元三菱ファン at 2016-12-30 21:01 x
いゃ~懐かしいベスモ!さすがテストドライバーだった中谷氏のセッティングであるFTOを誰もけなす事なく、いい車と絶賛!そもそもエボベースのFF車。V6エンジン+MIVEC本当は幻なV6+ターボ+4WDも開発されていた。
前後バランスの問題や安全性の面から却下されたらしい。
もし、市販されていたら、、、。まぁ国内専用車だったから数が出ないと短命になったようですね。
誰か自力で4WD化したらしい話も、、、。
Commented by mrt at 2016-12-31 00:10 x
タイプRはその車種のスペシャルグレードなんだから、素のFTOと比べても虚しい罠。
INVECS-IIはMT→ATの時流もあって若い子らに受けてたよ。
珍しくクーペ専用モデル、むしろ安パイな筈の四駆ターボも敢えて無し、V6MIVECと色々意欲的だったし、何も悪いとこ無いんだけど何故だか野暮ったい。
たまに頑張ってこういうモデル出しても続かないからどんどん保守的になってくんだな三菱って。
Commented by 通りすがり at 2016-12-31 00:11 x
エボだって最初は250万ぐらいだったかな?