日産社長ゴーン氏 2017年の展望について

日産自動車社長 カルロス・ゴーンさん

7a



--三菱自動車と資本業務提携し、会長に就任した

「 昨年は経営幹部を派遣し、協力する分野を特定した。 今年は三菱自を改革し、相乗効果を発揮する。 日産自動車が自社開発を計画していたプラグインハイブリッド車(PHV)は三菱自の技術を使えば規模を拡大し、早期に市場投入できる。 電気自動車(EV)でもデザインなどは違うが、プラットフォーム(車台)や部品は共通化する 」


--市場の見通しは

「 世界の2大市場を見ると、中国は昨年の好調が継続するだろう。 米国も販売は高水準で推移しており、維持できれば満足だ。 欧州は回復傾向が続いている。 為替レートや原材料価格の変動は激しいが、(各国の)政府が行うインフラ整備など成長投資が補うだろう 」


--米次期政権は北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉を示唆している

「 (加盟国の)メキシコはシェア1位の重要な市場だ。 生産でも米国やカナダなどへの輸出拠点として重要だ。(協定に)変化があったら対応を考えるが、それほど心配はしていない。 米国が自国の利益を考えれば、メキシコの強い通商関係を守ることになるからだ 」

 
--部品子会社カルソニックカンセイの保有株を米投資ファンドに売却する

「 EVや自動運転、つながるクルマなどに技術の軸足が移っている。自動車業界はどの技術を自社に入れ、どれを外部に任せるかで進化してきた。 カルソニックカンセイは日産子会社とみられることが他の取引の障害になっているので、独立して成長する余地が広がる 」

--EV向け電池の生産子会社も売却する方針だ

「 (事業化を発表した)2008年はリチウムイオン電池は市場になかったので、生産に乗り出した。 だが、多くの大手企業が市場に参入し、自前で生産する重要性が低くなった。 全ての技術に投資はできないので、優先順位をつけなければいけない。 消費者は部品よりもクルマそのものに注目している 」


--昨年11月に発売した主力小型車「ノート」が好調だ

「 三菱自との提携の狙いの一つは、フルラインアップメーカーになることだ。 将来的に小型車や軽自動車で存在感を示し、国内販売で(トヨタ自動車に次ぐ)2位になりたい。 ノートで攻勢をかけ、自動運転技術を採用したミニバン『セレナ』も人気を博している。 もっと新商品や新技術を投入し、2位を獲得できることを期待している 」
sankeibiz.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-05 12:58 | 日産 | Comments(5)

Commented by スバル軽乗り at 2017-01-05 20:39 x
国内の自動車業界はトヨタを中心としたヘゲモニー体制なので、日産もホンダもワンオブゼムでしかないのだけど。
Commented by トライボシステム展望 at 2017-04-17 18:33 x
 現在の機械構造材料の最大のネックは摺動面。
いくら機械的特性(材料強度・硬さ)が高くても、材料というものは摩擦に弱い。
そのため潤滑油が存在する。しかしながら、それでも弱いので
コーティングをする。
しかし、日立金属が開発した自己潤滑性冷間ダイス鋼SLD-MAGICは
コーティングレスで摩擦に強いことが特徴。そのメカニズムは
潤滑油と特殊鋼が相互作用を起こし、グラファイト層間化合物
(GIC)という高性能な潤滑物質を作るためであることが、日立金属技報
2017で公表された(炭素結晶の競合モデル;CCSCモデル)。
 これにより機械設計は小型化され、摩擦損失と軽量化の同時
解決が見込まれ、自動車の燃費向上に大いに寄与することが期待
されている。
Commented by GIC結晶 at 2017-05-29 01:54 x
 やっぱり産業機械の国の競争優位性は境界潤滑をどう制御するかにかかっていて
ドイツ車のダウンサイジングの嵐も、結局ピストンピンにDLCだった。しかしこれは違う。潤滑システムを見直せと言っている。自分の担当の部品だけに固執して表面硬度
をガンガン上げて、相手材を破壊したり、循環システム全体にナノダイヤをまき散らすのは良くないといっているのだ。つまりドイツ方式の部分最適化ではなく全体でドイツを上回るエンジンを作れる展望を示しているのだと思う。
Commented by 某エンジニア at 2017-08-27 21:59 x
 カルロスゴーンはものづくりの本質がわからないからな。久保田教授はノーベル賞の噂も高い誠実な人だ。
Commented by 某エンジニア at 2017-09-10 02:27 x
 カルロスゴーン経営、経営ばかりで頭空っぽって感じ。機械工学がいらないような言動多し。深遠な暗黙知などの言葉、似あわない。何かが欠けている。DLCおかしいだろうが。