マツダ 2018年度末、次期アクセラにHCCI採用。燃費30km/L迫る

マツダは燃費を従来比約3割高めた
新型エジンを2018年度末に導入する。

7e

点火ではなく圧縮によってガソリンを燃やす技術を
世界で初めて実用化し、主力車に搭載する。
同社は環境規制強化に対応するため電気自動車(EV)の開発も進めているが、当面は世界の新車販売台数の大半をエンジン車が占めるとみている。エンジンの改良を続け、主力分野での競争力を高める。 新型エンジンは18年度末に約5年ぶりに全面改良する主力車「アクセラ」から搭載を始め、車種を順次広げる。11年に投入した環境技術「スカイアクティブ」の第2世代と位置づける。 ガソリンの燃焼方式に「予混合圧縮着火(HCCI)」と呼ぶ技術を採用する。空気と燃料を十分に混ぜた後、圧力を高めて発火させる。点火プラグを使う従来方式より燃焼効率が高く、大気汚染物質の排出量が少ないといった特徴がある。 ただ燃焼させるための着火の制御などが難しく、これまで量産化したメーカーはない。同社の新型エンジンも加速時などは点火プラグを補助的に使うとみられる。 燃費は同社の従来エンジンより3割ほど向上する。
車体が異なることから比較は難しいが、
現行のアクセラをもとに燃費を算出すると、ガソリン1リットルあたりの走行距離は30キロメートルに迫る。 
マツダは19年までにEVを量産し、21年以降にPHVも投入する計画だ。米国や欧州を中心とした環境規制の強化に対応する狙いだが、同社は新興国も含めた世界の新車市場では少なくとも30年ごろまではエンジン車が中心とみている。
日本経済新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-09 06:43 | マツダ | Comments(12)

Commented by socie20 at 2017-01-09 09:39
なかなかHCCIの開発に関する進捗的なものが段々隠されてきているというか、あまり聞かなくなってきたけれど、本当に出るのかね。
点火プラグ使うって言うとF1でも使われている副燃焼室使うセミHCCI的なものになるのかね。
F1エンジンはセミHCCIと言っても新たにレギュレーションで圧縮比18以下に制限することが決まるほどのレベルにあるけれど。
副燃焼室といえばホンダのCVCCエンジンが懐かしいね。これまた懐古技術だけれど。
Commented by ホンダ党 at 2017-01-09 09:58 x
これカーボン溜まりやすくなるんじゃ。直噴ですらポートより溜まりやすいのに。完全に燃やしきるのは無理でも実用のメドがたったのかな。
Commented by あおい at 2017-01-09 10:22 x
直6開発の検討も、実用化の目処がついたからなんでしょうね
Commented by 休みだよ at 2017-01-09 10:29 x
マツダの勢いは凄いね。
トヨタの庇護から抜けてもいいんじゃない?
これだけ矢継ぎ早に新技術出しても駄目なの?
Commented by あのに at 2017-01-09 10:59 x
電動化やIoTを考えるとトヨタと縁を切るべきでないと思います。

副燃焼室を使うって言うとやっぱりCVCCが出てきますね笑
メルセデスのF1カーはHCCI時にエネルギー効率が50%近くなってますが、マツダのはどうなるんでしょうね。
あと、メルセデスのは回転数や速度が一定以上にならないといけないなどの条件がありますが、これはどうなのか?なども。
Commented by ああ at 2017-01-09 11:55 x
F1 のセミHCCI と一緒にすんなよ。あれはHCCIを名乗っちゃいけないだろ。ジェットの火炎で一瞬で燃焼させてるだけだぞ。本当ならレベルの全く違う話なんだけど?マジかよ?
Commented by x3 at 2017-01-09 17:37 x
ディーゼルの時みたいにデバッグをユーザーにさせるんだろ
Commented by 名無し at 2017-01-09 21:01 x
ホンダが20年前に市販してたAR燃焼みたいなもの?
Commented by クルマニア at 2017-01-09 23:19 x
ロータリー復活したら面白いだろうね。アホみたいに高くなりませんように…
Commented by socie20 at 2017-01-09 23:54
※ああ
おかしくはないっしょ。
HCCI燃焼が継続しない不安定動作領域で強制燃焼させるための技術なんだから。
それにあの手のジェットイグニッションシステムはデンソーやりたがりそうだし。
強制燃焼させないとそれこそ再び煤問題に悩まされるリスク高まるじゃない。(三菱のGDIと同じ理由で…)
HCCI燃焼を部分的にでも利用しようと思ったら、副燃焼室使うか、可変圧縮比システム使わにゃならんでしょうに。
Commented by 通りすがり at 2017-01-10 16:46 x
燃焼技術から背を向け、安易に電動に走ったメーカーは
指をくわえて観てるだけ
Commented by at 2017-01-12 13:43 x
2年位前の技術資料から転載。

マツダが想定するHCCI燃焼を利用したエンジンの圧縮比は18:1で、理想空燃比(14.7:1)より48%も空気の量が多い超希少燃焼が可能。中間負荷領域までのHCCI燃焼を実現することで、第1世代のスカイアクティブ・ガソリンエンジンから約30%の燃費改善ができるとしている。
ちなみに、マツダの研究開発のゴールは「EV並みに環境負荷の少ない内燃機関を作ること」

どんなエンジンになるか実に楽しみだ。