三菱の個性派スポーツ、FTOの魅力

1994年に三菱自動車から登場したピュアスポーツ「FTO」。
当時の日本車としては抜群の個性を発しながらも、スポーツカーとして手の届きやすい価格を実現したクルマとして知られましたが、その性能はポルシェにも匹敵するほどだったとか?・・・・・
続きはこちら

7a

mtip さん、
ありがとうございます。

[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-12 07:28 | 三菱自動車 | Comments(5)

Commented by cvcc at 2017-01-12 12:50 x
この車を運転したことないので性能はわかりませんが、デザインは大好きでしたね。
Commented by ganbaremmc at 2017-01-12 19:02
> cvccさん
僕は中間グレードのやつを乗ったことがありますが、
エンジン音がすごくて、走る気にさせられるものでした。
加速もMIVECじゃなかったけど、
なかなかのものでした。
ただ乗り降りもしにくいうえに
居住性は極悪を極めていました。
インテグラみたいにある程度広ければもう少し長生きできたのではないでしょうか
Commented by えあろきんぐ・たか at 2017-01-12 21:25 x
この時代の三菱車は個性的でした。良く取り上げてくださいましたね。後輩が熱烈に好きで毎日のように「欲しい欲しい」とぼやいてたのが思い出されます。
Commented by 名無し at 2017-01-12 21:25 x
カーオブザイヤー。

4G63ターボ4WDが出ると思ってたのに。
Commented by cvcc at 2017-01-12 22:11 x
※2

自分も独身時代三代目と四代目プレリュード乗ってた(中古)ので同クラスのFTOには興味津々でした。GTOよりデザインが断然好きでした。
乗ってみたかったです。
FTOはなんだかジャガーのクーペの趣も感じられて好きでしたね。
高さが低い方のリアスポイラー付けて、ヘッドライトとテールランプのLED化とアレンジで、未だに通用するデザインだと思いますね。今の86よりデザインが好きです。
初代エクリプスも好きでしたね。