【祝】三菱自 中国12月新車販売6割増

日系自動車メーカー7社の2016年の中国での新車販売台数は、上位4社が前年実績を超え明暗が分かれた。日産自動車、ホンダ、トヨタ自動車、マツダが過去最高を記録した。小型車の減税が追い風になった。17年暦年はホンダとトヨタが前年超えを目指す計画を明らかにした。  日産はセダン「シルフィシリーズ」、スポーツ多目的車(SUV)「エクストレイル」、「キャシュカイ」が好調だった。ホンダは小型SUV「ヴェゼル」、「XR―V」が牽引し最大の伸びを示した。トヨタはセダン「カローラ」、「レビン」が、マツダはSUV「CX―4」が販売増に貢献した。4社はいずれも販売計画を上回った。  17年暦年の販売目標についてホンダは前期比10万台増の134万台、トヨタは前年以上に設定した。12月単月は日産とマツダ、三菱自動車がSUVの好調などで前年実績超えとなったが、ホンダ、トヨタなど4社が減少した。
newswitch.jp

7a


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-15 11:54 | 三菱自動車 | Comments(3)

Commented by at 2017-01-15 12:02 x
アウトランダーが売れてるのかな?
Commented by ganbaremmc at 2017-01-15 12:42
> あさん
いいニュースだけど、やることが遅すぎ
他メーカーは中国の政策で、車を売りやすくしているのに
三菱はやっとって感じ
誰が悪いの?
Commented by 匿名 at 2017-01-15 23:03 x
ずーっと低迷していたのに
ここ数ヶ月販売台数が伸びているのはなぜ?
何かやった?