皇后盃 第35回全国女子駅伝がもはや虐待レベル。称賛も



雪に見舞われた京都で、「第35回全国都道府県対抗女子駅伝」が決行された一方、
「第1回京都競馬第5日」の全レースが中止となった。
吹雪の中を走る女子選手と休む馬の対比に、ツイッターでは、選手たちを称賛する声が殺到するとともに、困惑の声も寄せられた。
京都・西京極陸上競技場(右京区)に鳴り響いた号砲を合図に、中学生から社会人までの女子選手が一斉にスタートを切ったのは、17年1月15日12時半。14日夜から降り続いた雪で、コースの状態は悪い。この日の午前中には、京都市内で10センチを超える積雪も観測されていた。
雪は、レース中も降り続いていた。トップを走る選手が折り返し地点の国際会館前(北区)に差しかかったころには、選手の額に積もるほど強くなった。容赦なく選手の体に打ちつける雪。テレビの中継映像も、吹雪で選手の姿が見えないほどだった。
そんな悪条件の中も女子選手は走りぬき、白熱した試合を見せた。終盤、地元の京都に加え、埼玉、千葉、神奈川、長崎が激しい首位争いを繰り広げた。結局、全9区間42.195キロを制したのは、京都だった(岡山が2位、千葉が3位)。雪の中を懸命に走る選手の姿に心打たれた人も多いだろう。
一方その頃、競技場からおよそ10キロ離れた京都競馬場(伏見区)は静まり返っていた。第1回京都競馬第5日のレースが行われる予定だったものの、駅伝スタートの1時間半前、積雪量が増えたとして中止が発表されていたのだ。人が走って馬は休む。さらに白熱した競技展開に、ツイッターでは、一時「都道府県対抗女子駅伝」がトレンド入りし、

「 選手たちはすごい 」
などといった称賛が上がる一方で、
「 人間虐待 」
「 どう考えてもおかしい 」
と困惑する声も上がった。
その一方、「競馬場はほぼ競馬専用の施設なので代替開催が容易、駅伝は公道利用の為に代替開催が難しい...という側面もあるのでは」と大会運営側の判断に理解を示す声もあった。


[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-17 14:16 | ニュース・その他 | Comments(5)

Commented by 休みだよ at 2017-01-17 15:13 x
選手の戦う姿勢を前にしたら、とても虐待などと軽々しい事は言わないでほしい。
自転車レースでもイタリアのアルプス頂上をゴールに猛吹雪の展開が毎年繰り広げられる。
あの駅伝でも選手の笑顔が素晴らしかった。
Commented by at 2017-01-17 18:58 x
選手たち自身がもっとも走りたかったと思うんだけどね。
あれだけ道を規制するのだし、代替なんて簡単にできるわけないじゃん。
Commented by のぺのげ at 2017-01-17 20:12 x
まあ望遠カメラだと雪が重なって見えるからね。
寒かったんだろうが。体育会系だからね、
「辛いとか抜かすぐらいならここから出て行け! ボカッ!」と
顔面ゲンコツマジパンチくらいいつも食らってる子たちだから。
これくらい耐えられない試練じゃなかったんでしょ。
猛烈な走りこみ練習の方が、10倍辛い(日常だ)と思うよ。
そのようにして鍛えた心身で、日本を支えてほしいのであります。
Commented by 匿名 at 2017-01-17 20:21 x
暑いより寒すぎるくらいの方が選手は楽なんじゃ?
Commented by やっぱ俺は益子が嫌い at 2017-01-18 08:11 x
アウトランダーPHEVが先導車なんかに使われてたね。