トヨタ 新型C-HRの受注4万8千台

トヨタ自動車は、2016年12月14日に発売した
新型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「C-HR」の受注台数が、
2017年1月19日時点で約4万8000台になったと発表した。

7a


月間販売計画は6000台であり、発売から約1カ月で計画台数の約8倍に達した。  
新型SUVのC-HRは、同社の車両設計・開発手法「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を適用した第2号車である。第1号車の新型「プリウス」と共通のプラットフォームを使い、車両を低重心にすると共に、運転者の操作に対する応答性を高めた。  ガソリンエンジン車とハイブリッド車(HEV)があり、ガソリン車は排気量1.2Lで直列4気筒の直噴ターボエンジン「8NR-FTS」にCVT(無段変速機)を組み合わせる。JC08モード燃費は15.4km/Lである。  HEVには、リダクション機能付きのハイブリッドシステム「THS II」を搭載した。同システムのエンジンは、同1.8Lで直列4気筒の「2ZR-FXE」である。JC08モード燃費は30.2km/Lとなっている。  4万8000台の受注台数の内訳を見ると、HEVは3万7000台、ターボ車は1万1000台だった。
同社によると、
(1)TNGAを適用したことによる低重心や応答性の良さ、
(2)30.0km/Lを上回るHEVの低燃費──などが評価されているという。
nikkeibp.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-19 19:46 | トヨタ | Comments(0)