マツダ 今期営業利益4割減。CX-4販売好調でも貢献少ない

マツダの2017年3月期の連結業績は、
本業のもうけを示す営業利益が前期比43%減の1300億円程度になる見通しだ。

7a

従来予想は1500億円。
日本と米国で新車販売が苦戦しているうえ、リコール(回収・無償修理)に関連する品質費用を一時的に積み増すのも重荷になる。円安傾向で輸出採算は上向いているが補いきれない。世界販売の約2割を占める米国では、主力セダン「マツダ6(日本名アテンザ)」や小型車「マツダ3(同アクセラ)」が落ち込む。ただ、円安で円換算した額が膨らみ、売上高は8%減の3兆1500億円との従来予想を若干上回りそうだ。 日本も昨年12月にリコールに関連して一部車種の販売を休止するなど、販売低迷から抜け出せていない。ブランド価値を高めるために値引き販売を抑制していることも、短期的な客足の減少を招いている。 中国での販売が伸び、世界販売台数は155万台と1%増える見通しを据え置く見込み。ただ、中国事業は出資比率の低さなどから会計上、売上高や営業利益には反映されない。 半面、対ドルなどでの円安は一定の下支え要因になる。円安による営業利益の押し上げ効果は200億円近くに達しそうだ。16年10月~17年3月の為替レートは1ドル=102円を想定していたが、1~3月については110円程度と円安方向に見直す。マツダの輸出比率は約8割と高い。 ただ、日米の販売苦戦と品質関連費用の積み増しが円安効果を打ち消して利益を下押しする。 16年4~12月期の決算発表は2月2日を予定している。4~12月期の営業利益は前年同期比42%減の1000億円程度になったようだ。今年2月に全面改良する最量販の主力SUV「CX―5」が今後の販売回復のカギを握る。
日本経済新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2017-01-31 08:17 | マツダ | Comments(1)

Commented by とくめい at 2017-02-01 12:07 x
また雉が漬け込んだ記事書きそうだな。
マツダといいスズキといい図に乗ってる国沢光宏2社から訴えられれば良いのに。