エネルギー庁 実燃費との差調査。不正受け車カタログ値検証

自動車メーカーが不正な燃費をカタログに表示していたことなどを受けて、
資源エネルギー庁は5日、
2017年度からカタログの燃費と実燃費の間にどの程度の差があるか、
初の調査に乗り出す方針を固めた。  

7c
style.nikkei.com

車の軽微な故障や運転方法などが燃費に与える影響も検証。
17年度末にも公表し、車を選ぶ際の参考にしてもらう。  
燃費をめぐっては、三菱自動車が不正な測定方法で、実燃費より最大15.9%かさ上げした数値をカタログに掲載していたことが、昨年発覚。社長の引責辞任に発展した。  ただ、国土交通省が定めた方法で正しく測っても、実燃費はカタログ値より低くなりがちだ。経年劣化に加え、運転に支障のない軽い不具合が起きて燃費が下がっていながら、気付かず走っているケースも多い。急加速や無駄なアイドリングでも低下。エアコンの使用状況や気温、上り坂・下り坂を走る頻度にも左右される。  国交省の担当者は「三菱自動車の件も『もともとカタログ燃費は実燃費と乖離(かいり)があるものだとの認識が消費者にもあるので、不正が見つかりにくかったのでは』と言われていた」と指摘する。  そこでエネ庁は、どのような原因がどの程度の燃費低下を引き起こすのか、実験施設のある研究所や試験機関に委託して検証する。調査結果は車種ごとではなく、車の排気量や、セダン、バン、ハイブリッド車といったタイプごとに数種類に分けて公表。燃費改善のため、運転手に車の整備状況や運転のチェックを促す効果も狙う。 
headlines.yahoo.co.jp


[PR]

by ganbaremmc | 2017-02-06 09:11 | ニュース・その他 | Comments(4)

Commented by 名無し at 2017-02-06 11:29 x
不正認定されたデリカのCDが、
カタログ燃費達成率の七位、
しかもミニバンでトップ。
これ全車種の最下位までのランキングは有るの?
メーカー別カタログ燃費達成率は?
ところで、これは誰が調べたの?
e燃費ならメーカー工作員が居るし、
データを上げるのはエコランしてる人ばかり。
Commented by もも at 2017-02-06 18:56 x
プリウスはどこだ?
Commented by 名無し at 2017-02-07 00:06 x
デリカとレヴォーグ以外は先代モデルばかり...
Commented by socie20 at 2017-02-07 18:39
俺は初代アウトランダー乗っているけれど、
実燃費の経年推移がなかなかおもしろい。

新車購入時 レギュラー8.0km/l
購入後半年 ハイオク9.5km/l
購入後4年位 ECUリコール修理&タイヤ交換後 ハイオク10.5km/l
購入後7年 車検時フルスペック整備後 ハイオク12.5km/l
これが突出した数字じゃなくてコンスタントに出ているから不思議