岡山でEV新技術の成果発表会 試作車試乗や開発品の展示も

7c

岡山県と岡山県産業振興財団は14日、2011年度から取り組んできた「おかやま次世代自動車技術研究開発プロジェクト」の成果発表会を開いた。市販の電気自動車(EV)をベースに開発した実証実験車では、車輪にモーターを組み込むなどした技術を紹介した。試乗した伊原木隆太知事は、あいさつで「岡山の大事な産業である自動車のさらなる発展につなげてもらいたい」と話した。 
三菱自動車水島製作所(倉敷市)で製造されている「i―MiEV」を使った実証実験車「OVEC―TWO」は、車輪の中にモーターを内蔵するインホイールモーターを採用。サスペンションなども新たに開発し、乗り心地を高めた。 同プロジェクトは11年度からの第1期に続き、現在は14年度にスタートした2期目の途中。公募した県内企業16社を中心に、三菱自と共同研究を進めながら技術力を高め、次世代自動車の産業クラスター形成をめざしている。
日本経済新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2017-02-15 06:22 | ニュース・その他 | Comments(0)