ホンダが提案する軽トラ「T880」の走りっぷりは





東京オートサロン2017に展示された「N Lab.(エヌラボ)」製作の働くクルマ「T880」である。コンセプトカーは走らないと相場が決まっているが、T880は結構マジで走ったのだ。構想段階では、アクティの3気筒自然吸気エンジンの代わりに初代「インサイト」の3気筒1.0リッターエンジンにスーパーチャージャーを搭載する予定だったが、パワートレーンやスペースの問題が生じて諦めることになった。代替エンジンとして選定されたのは660ccの「バモス」のターボエンジンで、ベース出力は64PS。ただしポンと乗せただけでなく、・・・・・
続きはこちら

[PR]

by ganbaremmc | 2017-02-15 19:46 | ホンダ | Comments(0)