国沢氏 フォードに日本から逃げ出した理由を追求すべきだ

安倍首相がトランプ大統領とどんな約束をしたのか不明ながら、
少なくともアメリカのクルマを日本でもう少し売らなければならなくなるだろう。

7e

担当する部門で交渉をする場合、必ず出して欲しいのがフォードの撤退である。
徹底的に日本から尻尾巻いて撤退した理由を追求すべきだと思う。
そもそもフォードジャパンは「アメリカ本国仕様の車種は大きくて売れない」という理由を付け、販売に前向きではなかった。エクスプローラーやマスタングをフル装備状態にして本国より大幅に高い値で販売していたのみ。何度「本国と同じような価格でフォードを入れたらどうか?」と言ってきた。 フォードジャパンが選んだのは『フォーカス』などヨーロッパフォード開発の小型モデルである。アメリカ本国モデルだと左ハンドルしかなく、ボディサイズも大きい。ヨーロッパフォード開発のクルマであれば、イギリス仕様の右ハンドルはあるし、フォーカスなら生産国だってタイ国。日本に持ってきやすい。 けれどフォーカスは全く売れなかった。そもそもフォードは新興国でも日本車と同等の価格で販売しているのに低迷している。100歩譲って日本でも日本車と同等かそれ以下で販売するなら何とかなったと思うけれど、フォーカスなんてボルボやVWと同等の価格帯。中途半端な魅力しか無い車種を日本に持ってきたって売れるワケがない。 もちろんフォードジャパンの社員だって有能だろう。フォードジャパンの皆さんネイティブのような英語力を持つ優秀な人材ばかり。本国から社長を派遣していた時期もあった。新興国向けモデルの販売も十分勝算ありと考えていたに違いない。それでも日本でフォードを売ることが出来ず、撤退していった。 日米で自動車の交渉を行う際は、必ずフォード撤退のケーススタディしていただきたい。燃費の良い小型車も販売した。右ハンドルも準備した。ディーラーだって確保していた。ちなみになぜ売れなかったのか? 簡単である。ずっとフォードジャパンを見てきたが、本気で売る気を感じたことは一度もなかった。 アメリカ側が覚悟を持ってくれるなら日本でも売れると思う。フォードジャパンのような「輸入車なら多少高くても売れるだろう」という消費者を見下した殿様商売をしている限り、何度でも失敗するだろう。
bylines.news.

[PR]

by ganbaremmc | 2017-02-20 19:57 | 海外メーカー | Comments(0)