国沢氏「クリーンディーゼルエンジンの難しさを感じさせる」

スカイアクティブDの2200ccエンジンが5件の不具合によるリコールを出した。
基本的に制御内容によるもので、いずれも最後は回転の不調によりエンストするという。ちなみに1500cc仕様も別件でリコール出しており、クリーンディーゼルエンジンの難しさを感じさせる。

もちろんリコール対応すれば問題ないため、あまり気にすることはないと思う。
もしかすると経年変化により今後もリコール出すかもしれない。いずれにしろエンジンに不調を感じたらディーラーに持って行くこと。こういったトラブルは同じ時期に出てくる。ディーラーでも情報を持っていることだろう。一方、ディーゼルエンジンはガソリンエンジンの「使い方」と根本的に違うことも認識しておいたほうが良い。御存知の通りディーゼルエンジンはいくつかの使用条件で燃え残りの「スス」が発生する。マツダの場合、ススを出しにくいよう制御しているものの、やはりゼロにならない。ススは『DPF』(ディーゼルパティキュレートフィルター)という装置で全量キャッチして、排気管から出なくしている。つまりDPFには少しづつススが貯まっていく。ススの内容は基本的にカーボン(石炭のようなもの)なので、ある程度貯まったところで熱を掛けてやることで燃焼させる。通常、この繰り返しをすることで排気ガスをクリーンな状態に保つ。ところがチョイ乗りばかりを繰り返すと、DPFを燃焼させている時間が確保出来ない。DPFは十分な暖気が終わった状態でしか稼働しないのだ。マツダに聞くと「最低でも30分くらい走って欲しいです」。

5e81d5a1-

当たり前ながらディーゼルのメリットは「車両価格が高いけれど燃費良い」。というもの。チョイ乗りばかり繰り返すような乗り方をしたら、高価なディーゼルを買う意味がない。長い距離を走る人のためのパワーユニットなのである。チョイ乗りしかしないと解っているならディーゼルをすすめない。ということでディーゼルに乗っている人はチョイ乗りを繰り返したら最低30分くらい走ることを心がけて欲しい。また、暖気終わるまでススの成分に湿度が多く、吸気系に付着してしまう(排気ガスの一部をそのまま吸気系に戻すEGRを行っているため、吸気系に貯まりやすい)。排気温度上がると排気ガス中のススが乾いてくるため、付着した「湿度のあるスス」も乾いて落としてくれる。出来ればススを落とすため、景気よく加速することもすすめておく。ようするに楽しんで乗りましょう、ということだ。ディーゼルエンジンは負荷を掛けた方が調子良い。マツダのディーラーによれば「エンジンの調子が悪いということで持ち込まれるディーゼルもあります。そんな時は30分くらい元気よく走っただけで気持ちよく回るようになります」。せっかくパワフルで気持ちよく回るエンジンなのだから、オーナーになったら一週間に一度くらい走りを楽しんだらいいと思う。
webcartop.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2017-02-25 17:25 | マツダ | Comments(10)

Commented by 名無し at 2017-02-25 22:53 x
珍しくまともな内容。
Commented by at 2017-02-26 10:11 x
ちょい乗り用途で買った人に30分以上乗れとは、手段を目的化させるクルマ至上主義者の国沢らしい頭の弱いコメントだ
ちょい乗り用途で使う人にはディーゼルを買わないよう薦めるべき
Commented by cvcc at 2017-02-26 10:21 x
以前のアテンザやデミオの煤問題の時も言われていたけど、こういうディーゼルエンジンの特殊性(デメリットの面)ってもっとマツダとメディアが最初に周知しなきゃいけなかった事だと思う。
「トルクがあって燃料が安くて排ガスもクリーン」と、メリットだけ喧伝して、さも夢のエンジンであるかのようにしておいて、煤問題が出たから「ディーゼルエンジンなんだから長距離の移動重視でチョイ乗りには向かないの知らなかったの?30分は乗ってね。煤問題起きた人は乗り方が悪い」なんて今更言ってリコールだなんて、マツダのイメージダウンも勿論のこと、クリーンディーゼル全体のイメージダウンだと思いますね。
ディーラーやメーカーの対応を含み、このリコールに至るまでの迷惑被ったユーザーの口コミとかもマツダの今の売れ行き不振の一因かと思います。
マスコミやマツダの過剰なクリーンディーゼル賛美に影響を受けてクリーンディーゼルの為に初めてマツダを買った人も多かったと思います。
そういう人などは、「やっぱりマツダはダメだ」「やっぱりメディアはアテにならん」と次はメジャーなメーカーの車を買う事でしょうからね。
ディーゼルエンジンに関してはこれからは真摯にデメリットと乗り方をCMでしっかり周知し、カタログにも大きく書くなどの対応を進めて欲しいですね。
Commented by 株主 at 2017-02-26 11:39 x
ディーゼルだから多少は煤問題はあるでしょうが、デリカD5のクリーンディーゼルはマツダのようなトラブルはあまり聞かないですね。
マツダのクリーンディーゼルは、マツダ特有の圧縮比?後処理?(よく分かりませんが)で、煤が多量に早く溜まるのでしょうか?
Commented by 名無し at 2017-02-26 16:28 x
これはディーゼルの実績が無いマツダならではの不具合。
デリカはこまめにDPF再生。
買ってから廃車までチョイノリの人なんて
どこに居るんだよ?
車で数分の距離なら自転車に乗れ。
Commented by 株主 at 2017-02-26 17:14 x
某大阪の整備屋ブログをみると
チョイ乗りばかりしないユーザーのマツダ車にも煤がかなり溜まっているので、乗り方の問題ではなく、マツダのクリーンディーゼル特有の問題なのでは?
Commented by at 2017-02-26 18:13 x
それよりもこの手のポーズどうにかしてくれ。
Commented by あのに at 2017-02-27 01:27 x
※5
国内では確かないですけど、スカイアクティブ以前からマツダはディーゼルエンジンを持ってますから……。(^^)
Commented by 名無しのメカニック at 2017-02-27 23:54 x
SKYACTIV以前のマツダ(ボンゴ)のコモンレール式ディーゼルエンジンは、それはそれは酷いものでOEM先の日産と三菱が大損こいて最終的に日産が自社開発する事になりOEM止めましたね。
SKYACTIVになって大丈夫なのかと思ったら、VWの排ガス不正の時の調査でもマツダだけ全く問題なくてやっぱ凄いんだと、それまでの認識を改めたけど、詰まって外に出てなかっただけって可能性もあるのか・・・。
どっちにしても、日本の交通事情でましてチョイ乗りなんかはディーゼルには向かないですよ。
ちなみに三菱はクリーンディーゼル出した時に取り扱い説明書とは別紙で赤字で書いたクリーンディーゼルの注意事項を配布してましたよ。
Commented by ダメダメ at 2017-03-16 20:19 x
スカイアクティブDの2200cc、1500㏄とも、リコール内容を見ると事実が隠蔽されており、事実を知れば全然、対策になっていない事が分かる。
リコール内容に事実を記せば、今後、スカイアクティブディーゼルを購入する人がいなくなる恐れあり。

マツダのV字回復にはスカイアクティブディーゼルが大きく貢献しているので、これからも事実は隠されたままだと思われる。

とりあえず、リコール作業の中で吸排気廻りのクリーニングが行われれば暫く調子がいいだろうが、根本的な問題の低圧縮比と尿素SCRシステム無しでは絶望的なエンジン。

提携しているトヨタがスカイアクティブディーゼル搭載を計画していたのも頓挫した事が、このエンジンとマツダの深刻さを語っている。
トヨタとマツダの提携は、オワコンになりつつあるハイブリットシステムをマツダに売り付ける事が目的だったんだろうな。