三菱自 国内2月販売 登録車前年比41.6%の大幅減

日本自動車販売協会連合会が発表した2月のブランド別新車登録台数(軽を除く)によると、
4万6589台(12.8%増)を販売した日産が4か月連続で2位の座をキープした。
日産は『セレナ』や『ノート』など、新型車の販売が好調だった。『C-HR』や『プリウスPHV』など新型車をリリースした首位トヨタも14万5255台(29.7%増)と大幅増、3位ホンダは3万4276台(5.9%減)とやや伸び悩んだ。

そのほか乗用車ブランドではスバル、スズキがプラス、ダイハツは新型『ブーン』の販売増により、前年同期比8倍の伸びを示した。一方、マツダ、レクサスは2ケタ減、三菱自動車は41.6%の大幅減となった。

1位:トヨタ 14万5255台(29.7%増)
2位:日産 4万6589台(12.8%増)
3位:ホンダ 3万4276台(5.9%減)
4位:マツダ 1万5925台(10.9%減)
5位:スバル 1万3218台(13.4%増)
6位:スズキ 9599台(9.4%増)
7位:いすゞ 6824台(15.7%増)
8位:日野 5284台(6.9%増)
9位:レクサス 3672台(12.3%減)
10位:三菱ふそう 3278台(3.0%減)
11位:三菱自動車 2963台(41.6%減)
12位:ダイハツ 975台(712.5%増)
13位:UDトラックス 699台(9.6%減)
レスポンス

5e81d5a1-

ちなみに軽自動車のほうは、三菱自は前年比18.7%減。
zenkeijikyo.or.jp
このいかんともしがたいほど状況で、今年も新車無しですか?
益子が悪いですね。マスコが。
フィリピンでへらへらしている場合じゃないですよ。

[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-01 19:57 | 三菱自動車 | Comments(7)

Commented by えあろきんぐ・たか at 2017-03-01 21:03 x
まあ、小改良車を含めて新型が出てるのでセールスさんも新型に注力した案内はしてるかもですよ。3月の数字を待ちたいと。
反面、買い支えは息切れしてきてる筈なので実力値の恐れもありますが・・
類似した政策を打っている大型車のふそうも他社(日野、いすゞ)に一人負け状態ですね。
ユーザー軽視はほぼ同じ、残念ながら・・。(UDは商品絞り込み政策は同じ)
Commented by 株主 at 2017-03-01 21:24 x
ふそうはダイムラーが株主ですよ。
三菱自とはもう関係ないでしょ。
ふそうは、社名変えれば良いと思います。
Commented by 匿名 at 2017-03-01 21:33 x
もう、益子はライバル社のスパイで、三菱を潰そうとしてわざとそういう事してるんじゃないかと勘繰りたくなりますよ。
Commented by mtip at 2017-03-01 22:59 x
酷いですね…。
ダイハツの伸び率もすごいですけど。
しかしFUSOって、三菱自工が日産傘下に入ったことで、再び遠いながら親戚になりましたよね。
ディーゼルとかミッションあたりで、次のパジェロに活かせる提携話がないですかね?
ないか。

Commented by えあろえあろきんぐ・たか at 2017-03-02 00:10 x
株主は違えどユーザー軽視は同じ。ユーザー軽視をしている事を言ったのですが・・。
三菱自は上場企業。ふそうはかつての兄弟。
ダイムラーの子会社で非上場なのでふそうの方が開発環境は厳しいですが、同じ「軽視派」の中でも自動車よりはまだマシです。
関係ないとは言え、社長の記者会見等は嫁入りしたふそうの青目のトップの会見を参考にしたら良いようにも思いますが。
Commented by llll at 2017-03-03 02:53 x
ふそうはファイターエアロミディを売る気が無いのか?消防への入札もやる気ない模様。
Commented by えあろえあろきんぐ・たか at 2017-03-03 21:25 x
中型トラック・バスは「市場規模が少ないとしてヘビーユーザー向けの必要最小限の品ぞろえ、販売で十分」と割り切っているようです。
今年8月の新規制でバスの方はラインナップ落ちかと思われましたが存続はする模様です。
入札は前々排ガス規制時にリコール問題で開発が遅れてシェアを失った際に一時的に積極的に応札していましたが現在はその気はありません。他メーカーより高コストでありまともな競争は難しいかもです。
現在は公営企業での採用は随意契約オンリーに近いのではと思います。
政府との結び付が強く、公共需要を支え、日本の高度経済成長を支えた三菱ふそうの今はそのような経営マインドは失ってしまったようです。