【動画】国沢氏が語るアメ車が日本で売れないわけ



「 アメリカでは日本車が山ほど走っているのに、東京でシボレーを見たことがない 」 
選挙戦当初から日本に対してこのような発言を繰り返してきたトランプ大統領が、1月23日の財界人との会合であらためて日本の自動車市場の閉鎖性をやり玉にあげたことで、日本では日米自動車摩擦の再燃が懸念される事態となっている。 日本の政府や経済界は、日本は輸入自動車に関税をかけていないことなどを理由に、日本の自動車市場は完全に開放されており、アメ車が売れないのは日本側の問題ではないと主張している。 しかし、日本の自動車市場は本当に開放されているのだろうか。だとするとなぜ日本でアメ車は売れないのだろうか。これはアメリカ側だけの問題なのか。 
モータージャーナリストの国沢光宏氏はアメリカ側にも問題は多いが、
日本側にも問題はあると指摘する。 
特に国沢氏は、日本の大排気量の自動車に対する懲罰的な課税が非関税障壁となり、アメ車の普及の足枷になっていると語る。もともとこの制度は、日本の自動車産業がまだ十分に成熟していない時代に、国内の自動車産業を守り育成するために、アメリカ車の輸入を制限する目的で導入されたものだったが、その制度はパワフルな大排気量が魅力のアメ車の立場を不利にしていると国沢氏は指摘する。 実際、日本の自動車は現地生産分も含めるとアメリカの自動車市場全体の37%を占める一方で、アメリカ車は日本市場のシェアは0.3%にも満たないという有様だ。しかも、アメリカの自動車市場は外国車が55%のシェアを持つのに対し、日本の輸入車のシェアは6%に過ぎない。「日本でアメ車は売れていないがドイツ車は売れているではないか」と指摘する向きもあるようだが、それもあくまで程度問題で、実際のところ日本の自動車市場における輸入車のシェアはアメリカのそれとは比べものにならないほど小さい。これだけを見ると、日本の自動車市場が無条件にオープンとは言いにくい根拠もあるようだ。 確かに日本の自動車メーカーが米国の消費者の嗜好に合うようにデザインや性能を改良するなど、涙ぐましい営業努力を続けてきた一方で、アメリカの自動車メーカーは日本で本気で車を売ろうとしているようには見えないところも多分にある。 しかし、その一方で、実際は上記の税制の他にも、アメ車を日本に持ってこようとすると、日本独自の安全基準や環境基準に適合させるために大きなコストがかかってしまうなど、様々な障壁が残っていることも事実だ。そうした制度を残したままでは痛くない腹を探られ、結果的に数値目標などの無理難題を押し付けられるのがオチだ。特にトランプ大統領との親密ぶりを隠さない安倍政権としては、トランプ政権からの求めはそう簡単にノーとはいえそうにない。 アメ車が日本で売れないのはなぜか。日米間では車に対する考え方にどのような違いがあるのか。国沢氏とともにジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。

マル激トーク・オン・ディマンド


[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-02 20:28 | ニュース・その他 | Comments(10)

Commented by Swift at 2017-03-02 22:19 x
だからさぁ、アメリカのホンダやトヨタの工場で作ってるクルマを輸入すればいいだけのことじゃん。デカくて不経済なクルマなんて日本人は欲しくないから売れないし日本のメーカーは作らない。アメリカ以外の国で作ってるフォードやGMのクルマ買っても何の意味もない。でもアメリカでクルマ作ってもコストが高くて儲からないからできないんでしょ?アメリカを納得させるには日本が損してアメリカが得するようにするしかない。論点がズレてるんだって。
Commented by ganbaremmc at 2017-03-02 22:31
> Swiftさん
今日は荒れてるね。。。。
なんかあった?
Commented by Swift at 2017-03-02 22:56 x
特にありませんよ。でも、いわゆる"専門家"が間違ったことを言って庶民を欺く事を言っているとひとこと言いたくなるでしょう。大排気量車の税金が高いのは懲罰的でもなんでもなく、そんなクルマに乗れるのは高所得者だからであって、経済車にしか乗れないワタシらビンボー人が優遇されるのは当然でしょう。クオリティーが低く、日本の交通事情に会わず、非経済的で、大多数の日本人の感性では全くカッコいいと思えないアメ車じゃいくら税制で優遇されたって、輸入手続きが簡素化されたって売れないことぐらいわからないのか。そりゃ今より若干は売れるだろうが貿易不均衡が解消されるほど売れるなんて本気で思っているのか?
Commented by 名無し at 2017-03-02 23:56 x
これまでもハーレーを売る為に、大型自動二輪の免許を教習で取得できるようにしたりね。高速の2ケツもそうかな。
結局アメ車って趣味のクルマなんだよね。
これだけ軽自動車や2.0L以下の小型車が売れてるのだから、2.0L以上の普通車の自動車税を下げてみてもいいかも知れないが...でも売れるのはトヨタとドイツ御三家だけでしょ。
Commented by あだ名は大仏 at 2017-03-03 01:32 x
自動車税が同じぐらいにそろえられちゃうなら外車なんか買わずにマークxの3500の中古買うわ
Commented by のぺのげ at 2017-03-03 04:27 x
ヨーロッパや中国では案外アメリカ車のシェアはあるみたいだけど、日本は日本で軽自動車見たいのがある国だから、小さい車が好きなんだよ。
寿司みたいなのもアニメみたいなのも独特。きめ細かいものが好き。それに合わせてないよね。アメリカ車は。
結局は「ドイツ車は(少し)売れてるでしょ」という話に行き着く。

土台が、「日本車は優れているのでアメリカに食い込んでいる。アメリカ車は劣っているので日本に食い込めない」であって、「日本車はアメリカで売れているのに、アメリカ車は日本で売れていないのはおかしい」という理屈がおかしい。
Commented by cvcc at 2017-03-03 10:54 x
>「日本市場は閉鎖的」という意見は馬鹿げているというのが、シュミット氏にインタビューを受けた、ジャガー・ランドローバー(JLR)・ジャパンのマグナス・ハンソンCEOだ。同氏は、
日本市場は決して特異なマーケットではないと断じる。
 日本の輸入手続きは煩雑だという意見もあるが、ハンソン氏は、現在はEU基準に近くなり、以前と比べずっとスムーズになったと述べる。日本の公道仕様にするための費用が別途かかるという指摘に対しても、若干の管理コストやパーツの変更はあるが、それは各国共通で日本だけの問題ではないとした。また、自動車の認証制度に関しても、衝突実験や排ガス基準など独自の基準を多く持つアメリカに比べれば、日本のシステムのほうが、明らかにスムーズだとしている。
>コピペここまで。

だそうで、アメリカの方がマイル表示だったり、関税あったり(売れずじのピックアップトラックの関税はなんと25%!)色々な基準がアメリカ独自のものだったり、中古車のアメリカへの輸入は販売から25年経ったものでないとダメだったりと、関税障壁もある上に非関税障壁もあるんじゃないですかね?
日本企業がそれに合わせて企業努力してアメリカ市場を勝ち取っただけだと思いますね。
Commented by 休みだよ at 2017-03-03 22:23 x
欲しい車と買う車は違う、この意味を分からないと日本での成功は無理です。

ベンツはでかくても売れてるんだからね。
Commented by デミ男 at 2017-03-03 23:11 x
相変わらず国沢光宏の頭の悪さが炸裂した記事ですね。
Commented by 雉沢スレ住人 at 2017-03-05 01:18 x
李先生日本攻撃お疲れ様です