三菱自 今年フィリピンでの生産が過去最高に

三菱自動車は今年、フィリピンで4万2,000台を現地生産する計画だ。
2016年は前年比46%増の2万2,008台で、
1998年のアジア通貨危機以降で最高を記録。

5e

政府の「包括的自動車産業振興戦略(CARS)」プログラム認定車である小型車「ミラージュ」の生産を開始した今年はさらに2倍を生産し、3万台超で過去最高だった96年超えを目指す。現地法人の三菱モーターズ・フィリピンズ(MMPC)は昨年、小型トラック「L300」とアジア・ユーティリティー・ビークル(AUV)「アドベンチャー」の2車種を生産。今年は両車種に加え、先月からセダン「ミラージュG4」の生産を始め、5月にはハッチバック「ミラージュ」の生産も開始する。今年はミラージュを2万台、L300とアドベンチャーを2万2,000台生産する計画だ。MMPCによると、2015年は1月にラグナ州サンタロサの新工場に移転したため、当初の生産台数が上がらなかったこと、ミラージュの生産に向け、昨年11月に500人を追加で採用し、2直体制を導入したことが、昨年の生産台数拡大の背景にある。サンタロサ工場の年産能力は5万台で、昨年末時点の従業員数は1,400人となっている。MMPCは、1964年に前身のクライスラー・フィリピンが三菱自ブランドの生産を開始し、2009年には現地自動車メーカーとして初めて累計生産50万台を突破。昨年には60万台を超えた。CARSでは、生産開始から6年間で20万台以上のミラージュを生産する。東南アジア諸国連合(ASEAN)自動車連盟(AAF)によると、フィリピンの16年の自動車生産台数は、前年比18%増の11万6,868台。首位のトヨタ自動車と2位の三菱自動車が全体の6割超を占める。
nna.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-08 21:52 | 三菱自動車 | Comments(4)

Commented by 北の名無し at 2017-03-09 07:39 x
現ミラージュも、ちょっとずつカッコよくなってきましたよね^^
Commented by COLT at 2017-03-09 07:58 x
日本で頑張って作らないと
Commented by 益子です at 2017-03-09 08:26 x
僕のおかげ
Commented by 通りすがり at 2017-03-09 17:11 x
初期のコンセプトである安くて軽いとは逆方向の改良ですが
ちゃんと質感があるコンパクトカーに進化してますね
新興国の工場も技術が上がってるようですしモデルチェンジするなら
今度はヨーロッパでも売れそうな重厚感のあるデザインにしてほしいです
というかトヨタに次いで生産台数2位って東南アジアだと本当に売れてるんだな~