三菱エクリプスクロスの車名はすんなり決まった

三菱自動車において久々のニューモデルとなるのが“エクリプス クロス”だ。
すでにスペックを含めた詳細がネット上にアップされているが、
同記事ではリリースに出ていない情報をお届けしたい。



三菱のクロスオーバーSUVはASX(日本名RVR)とアウトランダーがラインナップされているが、エクリプス クロスはこの隙間を埋めるモデル・・・ではなく、新たな提案を行うモデル。そういう意味では、SUVのスペシャリティモデルと言うわけだ。
ちなみに車名(エクリプス)は、三菱ファンなら懐かしい名前の復活である。
商品企画を担当する林祐一郎氏は「このモデルはクーペのSUVですが、社内でも『クーペと言えばエクリプスでしょ』と言うことで、車名はスンナリと決まりました。北米の三菱ファンの方には『あのエクリプスとは全然違うじゃないか』と言う意見もありましたが、クロスオーバーSUVのスペシャリティクーペと言う意味ではぴったりなネーミングだと思っています」と語る。
エクステリアはダイナミックシールド第2世代のフロントマスク、ウエッジシェイプのサイドビュー、アグレッシブなリアスタイルを採用。最近のクロスオーバーSUVは有機的なデザインが多いが、エクリプス クロスは三菱らしい直球勝負で筋肉質のカチッとしたデザインが逆に新鮮に見える。 実は、ボディカラーもこだわりのポイントで上塗り工程を2回行う新色の高彩度レッドを採用。正式なネーミングは現在検討中だが、個人的にはマツダの“ソウルレッド”に対抗するには“レッドダイヤモンド”がふさわしいかな、と(笑).
インテリアは悪路走行や車両感覚の掴みやすさにも役立つ三菱伝統の水平基調のデザインを踏襲するが、デザイン/質感共に大きく進化しており開放感と安心感を両立。また、三菱初となるヘッドアップディスプレイや薄型ディスプレイオーディオ、タッチパッドコントローラーなど、最新デバイスも積極的に採用している。クーペと言うことで居住性はいまいちではと思われがちだが、リア席は十分なヘッドクリアランスに加えてロングスライド&多段階リクライニングなどにより、見た目以上に広く快適な空間が確保されている。

パワートレインはガソリンモデルが三菱初のダウンサイジングターボとなる1.5リッター直噴ターボ+8速スポーツモードCVT、ディーゼルは低圧縮ディーゼルの2.2リッターターボ「DI-D」+8速ATの2タイプ。日本仕様はディーゼルが先行発売される予定なのだそう。 「PHEVは搭載できる/できないと言う意味で言えば搭載は可能ですが、エクリプス クロスはクーペですので、内燃機関の魅力を提案していきたいと考えています」
プラットフォームはアウトランダーがベースだが、骨格の剛性アップや3点止めのストラットタワーバー、構造用接着剤の採用などエクリプス クロス専用に手が入っている。 「構造用接着剤は2017モデルのアウトランダーSエディションに採用されていますが、元々はエクリプス クロスのために開発した技術です。これは投入タイミングの差なので、個人的にはちょっと悔しいです(笑)」 体幹を鍛えた車体に最適なサスペンションチューニングにより、ダイレクト感や安定性のみならず、快適性や静粛性にもこだわっているそうだ。また、AWDシステム「S-AWC」は電子制御AWDにAYCブレーキを追加した最新版で、走行条件や路面環境に合わせてAUTO/SNOW/GRAVELの3モードを用意する。個人的にはハンドリングの部分はエクリプスと言うよりもランエボDNAが受け継がれていることを期待したい。
ちなみにエクリプス クロスの企画は2013年頃からスタート。当時、クロスオーバーSUVクーペは他メーカーからも登場していなかったので、このカテゴリーの先駆者となるはずだったが、一連の問題で投入が遅れてしまった。しかし、投入時期が遅れたことで、従来のタイミングでは間に合わなかった技術や工法、そして細かい部分までのこだわりなどを盛り込むことができたそうだ。 日本の投入予定は来年初めを予定しているので、クロスオーバーSUVを購入検討中の人は、ちょっと待った方がいいかもしれない。
headlines.yahoo.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-09 19:09 | 三菱自動車 | Comments(0)