日産リーフ 初期型のほうが加速が全然良かった・・・

AUTOCAR JAPAN
「 日産リーフ 第3回 ほぼ1年間使用しての率直な感想は 」 より


新型リーフに約1年乗って感じた一番の不満点は、その加速性能です。
EVの最大の売りは、加速する時のシートに背中が押し付けられるような力です。残念ながら、それが悪くなっていました。平地ではほとんど感じられませんが、高速道路の上り坂で歴然とした差が出ます。初期型では、2500cc位のガソリン車並の加速がありました。しかし新型では、1800cc位の力しかなく、上り坂での追い越しは、ちょっと躊躇します。モーターの違いか、アクセル制御の仕様なのか分かりませんが、とても残念な気がしています。もし電費性能を優先したのでしたら、何かパワーモードでも付ける方法があったのではないかと思われます。・・・・・・・続きはこちら

5e81d5a1-

[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-22 19:57 | 日産 | Comments(1)

Commented by at 2017-03-22 20:22 x
航続距離が短い短いと散々叩かれたせいか、電費重視でパワーを抑えた味気ない車になってしまいましたね…
記事でも書いてある通り、パワーモード(Sモード)でも付けるなりすれば良いのにと思いますけどね。
ノートe-powerにも付いているんですから。
まぁ、そこら辺は次期リーフに期待ですか。