4月から軽自動車でも白いナンバーが取れます

軽自動車のナンバープレートといえば、目立つ上、ボディカラーとのコビネーションが難しい「黄色」になってしまう。しかし! 4月から交付を開始する『ラグビーワールドカップ2019』の特別仕様ナンバープレートを選ぶことにより、普通車と同じ白ナンバーになる。しかも手続き簡単。詳しく紹介したい。 特別仕様ナンバープレートは、ラグビーワールドカップ2019の応援のため企画されたもの。上の如くナンバープレート右上にピンク基調のエンブレムが入る。交付料金は地域によって異なるものの、東京の場合7000円。全国的に同じくらいだと考えていい。どうやって手続きしたいいだろうか?

6

申し込みサイト

まず車検証など用意し、上のリンクから申し込みサイトに行く。必要な項目を記入。料金を振り込めば終了である。オーダーしてからプレートの生産を行うため、おおよそ10日間程度掛かるという。ちなみにナンバーの数字などは現在使っているものと全く同じ。ETCなどの内容変更をしなくてOK。

さらにワールドカップを応援したいという人は、1000円以上の寄付をすることにより「寄付金付き」のプレートにグレードアップ出来る。こちらはラグビーボールをイメージしたグラデーションが加わるのだけれど、デザイン的にはイマイチ。カッコ良かったら、寄付をする人も多かったと思う。

さらに金額により色を変えたら(1万円以上は金とか)、一段と寄付金が集まるかもしれない。ちなみに普通車の場合、後部ナンバープレートを交換すると自動車検査登録事務所の担当官による封緘が必要なので、車両を持ち込まなければならない。軽自動車は封緘不要のため、ナンバーと書類のみ持っていけば良い。

すでに受付は始まっている。交換したいならぜひどうぞ。唯一の注意点は、軽自動車の場合、有料道路で適正な料金かどうか確認しなければならないこと。有人の収受ゲートは、ナンバーの色で軽自動車を判別している。しばらく普通車と間違われるケースも出てくると思う。
国沢光宏


[PR]

by ganbaremmc | 2017-03-24 07:46 | ニュース・その他 | Comments(1)

Commented by 名無し at 2017-03-24 14:46 x
軽(アイ)に乗ってるけど、ナンバーが白になるのはいいけど変なマークがつくのがヤダ