三菱自 お台場で新型『エクリプス・クロス』を日本初披露

三菱自動車は、4月15日(土)から東京・お台場で開催されている
『モータースポーツジャパン2017 フェスティバル イン お台場』で、
新型コンパクトSUV『エクリプス・クロス』を日本で初披露した。

5e81d5a1-

『エクリプス・クロス』は、ジュネーブモーターショーで世界初披露されたミツビシのクロスオーバーSUVラインアップに新たに加わる新型コンパクトSUVだ。  スタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合させたクーペSUVとし、行動意欲を掻き立てる個性的なデザイン、新たな楽しみのひらめきをもたらすコネクティビティ、四輪制御技術で安心して楽しめるドライビングフィールを特長としているという。  搭載されるエンジンはCVTトランスミッションの1.5リッターダウンサイジング直噴ターボエンジンと8ATトランスミッションの2.2リッタークリーンディーゼルターボエンジンの2種類がある。  展示されている車両は海外仕様車となっており、日本での発売も予定されているが、発売時期に関しては未定とのことだ。
headlines.yahoo.co.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-15 20:05 | 三菱自動車 | Comments(0)