マツダ営業益15%増18年3月期、SUVけん引

マツダの2018年3月期の連結業績は、本業のもうけを示す営業利益が1500億円程度と前期の推定額に比べて15%ほど増えそうだ。営業増益は2期ぶりになる。多目的スポーツ車(SUV)の新しいモデルを米国や欧州など主要市場に投入する。最近の円高傾向が業績に逆風となるが、利益率の高いSUVの販売台数を増やして増益を確保する。

今期の世界販売台数は3%増の160万台になる見通しだ。
日本経済新聞

7e73d5a1-



[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-25 07:51 | マツダ | Comments(0)