今度は日経。ゴーン流改革に三菱自プロパー社員から失望の声

先日の Business Journal に続き、三菱自社員の間で、
日産がポストを占領していると不満がっている記事をみつけました。

日本経済新聞
三菱自動車 ゴーン流改革にプロパー社員から失望の声

「 結局、あの時と同じなんですよ 」 2017年4月中旬、三菱自動車のある社員は、ため息交じりにこう打ち明けた。 軽自動車4車種に端を発する一連の燃費不正が発覚したのは16年4月20日。・・・・

退社を決めた三菱自のプロパー社員さんの取材によると、
●前回のダイム ラーとちがって、今回は日産。同じ日系企業であるため、気持ちが伝わると思いきや、COO(最高執行責任者)に 就任したのは外国人のトレバー・マン氏。 CEOは益子氏だが、実質のトップはマン氏。会議は英語。 
●4階層あった組織を二階層にし、フラット化をした一方、ポストが減り、その大部分は日産、三菱グループで占められ、プロパー社員がつけなくなってしまった。
●日産に優秀な社員が出向という名目で引き抜かれるのではないか?

ひとりの三菱自動車社員の話を二ページにわたって記載していましたが、要点は上記の三点。
前回 Business Journal  の記事を紹介したとき、さっそく社員の方からコメント頂いたのですが、「 それはない。 」 ときっぱり否定。 お互い持ちつ持たれつで協力し合っているそうで、今は30~40代の三菱自社員が少ないため、仕方のないことではないかと。 日産に対してというより、糞ほども役立たずを送り込んでくる三菱グループへの怒りが大きいのではないでしょうか。
今回は日経の記事だったので、多少は踏み込んだ内容を期待していたのですが、程度は前回と同じですね。

7e81d5a13-

[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-25 11:35 | 三菱自動車 | Comments(0)