ホンダが中国でEV生産 18年に投入

ホンダは中国で2018年に発売する電気自動車(EV)を現地で生産する。広州汽車との合弁の広汽本田汽車(広東省)の工場で組み立てる。中国政府は環境規制を強化する方針を示しており、現地生産したEVを投入して規制に対応する。 具体的な車種など詳細は今後詰める。現地の規制や市場の動向を見ながら将来的にプラグインハイブリッド車(PHV)も投入する計画で、電動車両の品ぞろえを増やす。  ホンダは東風汽車との合弁の東風本田汽車(湖北省)を通じて、19年に武漢で新工場を稼働する予定。日本経済新聞

7e73d5a1-

[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-26 07:06 | ホンダ | Comments(0)