三菱自 東南アジアで市場シェア倍増が可能-ゴーン氏

日産自動車と三菱自動車の会長を兼務するカルロス・ゴーン氏は、両社の存在感は東南アジアでまだ小さいが、市場シェアを現在の少なくとも倍にすることが可能だと述べた。. ゴーン氏はバンコクでブルームバーグとのテレビインタビューに応じ、両社が域内で共同生産を拡大する可能性があるものの、ブランドは別々で維持する意向を表明。目標はシェアを現在の7-8%から少なくとも倍にすることだと語った。. 同氏は自動車連合の利点は重複回避にあるとし、概してブランドの混合を望んでおらず、それぞれのブランドの統合性を維持したいと発言した。ブルームバーグ

7e81d5a10-

[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-26 22:14 | 三菱自動車 | Comments(1)

Commented by at 2017-04-27 06:55 x
Nの東南アジアシェアが低いのは分かるがMは それなりにあるでしょ