ゴーン氏 三菱自会長としてタイ新工場を訪問

三菱自動車のカルロス・ゴーン会長が26日、昨年12月の会長就任以来初めて、タイのラムチャバン工場を訪問した。  ラムチャバン工場は年産能力42万4000台と三菱自動車の海外で最大の工場で、世界120カ国以上に輸出している。  三菱自の2016年度(2016年4月―2017年3月)のタイからの自動車輸出台数は30万9915台で、タイに工場がある自動車メーカーの中で輸出台数が最も多かった。
newsclip.be

7e81d5a10-

7f

7e81d5a13-

7e73d5a1-

7e72d5a1-


[PR]

by ganbaremmc | 2017-04-27 07:48 | 三菱自動車 | Comments(1)

Commented by ななし at 2017-04-27 22:54 x
なんだかゴーンも日本に長く居すぎたせいか、日本人みたいな顔つきになってきたなw