【5/8更新】三菱自最古の量産乗用車「A型」をPHVで復活

三菱自動車が今から100年前の1917年、
日本で初めての量産乗用車として送り出した三菱『A型』。
同車をプラグインハイブリッド(PHV)パワートレイン化して、
復活させるプロジェクトが始動した。
三菱A型は日本で初めての量産乗用車として、当時のヨーロッパ車を参考に、1917年(大正6年)から三菱造船神戸造船所で試作され、1921年までに合計22台が製作された。 製作はまず参考車を分解、スケッチするところから開始。エンジンは鋳鉄製、車体枠はハンマ打ち作り、車室は馬車製造などの経験者の手を借り、大形の木材をくりぬいて製作。ヘッドランプはガス燈、ホーンはラッパ、ボディは木のフレームに鉄板を貼り、うるし塗りが施され、室内には高級な英国製の毛織物が使用された。4月27日、三菱自動車の米国法人は、三菱自動車の車が誕生して100周年になるのを記念し、三菱A型を復活させるプロジェクトを発表。米国のWest Coast Customs社と協力。三菱A型に、『アウトランダーPHEV』のパワートレインを載せて、復活させる取り組みを開始した。 実車は今夏、完成する予定。三菱モータースノースアメリカのFrancine Harsini上級ディレクターは、「三菱モデルAは、現在の三菱車の道を切り拓いた車両。復活させることに興奮している」と述べている。
レスポンス

7e73d5a1-


バンコクモーターショーで三菱自は100周年を祝っていた  
三菱自動車はルーツを辿ると三菱造船(三菱重工)であるが、三菱造船が「日本発の量産自動車」とも言われる「三菱A型」を製作したのが1917年。 つまり今年は三菱自動車の100周年にあたる年だ。  「そんなこと知らない」という人も少なくないだろう。 理由は明確で、日本では三菱自動車がとある事情からそれに関してのPRをまったくおこなっていないからである。 いっておくがその事情を聞くのは野暮というものだ。いっぽうタイでは違った。三菱自動車のブースは三菱A型のレプリカ(スケールダウンもされている)を展示し、100周年をアピール。なんともお祭りムードなのだ。  ちなみにタイでの三菱自動車はピックアップトラックのトライトンやそれをベースとしたSUVのパジェロスポーツが大ブレイク中。パジェロスポーツのカッコよさはなかなかのものである。  また、2016年度タイにおけるもっとも輸出台数の多い自動車メーカーはトヨタ......ではなく三菱だった。三菱自動車のタイ工場はその生産台数のうち80%を超える30万9915台を輸出したという。もちろん日本で販売されているミラージュもそこに含まれる。
biglobe.ne.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-08 07:24 | 三菱自動車 | Comments(9)

Commented by 休みだよ at 2017-05-01 18:34 x
いやいや~ それが悪いとは言わないけど、その前にやる事あるでしょ?
Commented by Pajero at 2017-05-01 21:44 x
PX33もレプリカ作らないんですかね
Commented by 名無し at 2017-05-01 22:38 x
タイだったかののショーに出してたやつ?
ちゃんと市販化しないなら無駄。
iMIEVの中身流用で軽枠で。
Commented by 名無し at 2017-05-02 08:23 x
>> PX33もレプリカ作らないんですかね

何年か前にパジェロベースで作ったよ。パリダカにも出てた。
Commented by mtip at 2017-05-02 09:34 x
なんでアメリカなんですかね。
Commented by ワールド at 2017-05-04 23:20 x
私も今、三菱はもっとやることが他にあるでしょと言いたいですね。決して悪いことではないですけど、そんな余裕があるなら少しでも市販車に向けてほしいです。
LEADESⅡをこの間拝見しましたが、三菱はこれに影響されたのか?
Commented by llll at 2017-05-05 23:49 x
米国法人が独自にやっている事なので、とやかく言うほどの事なのかな。
Commented by 名無し at 2017-05-08 08:27 x
三菱ならPHEVだろ。
Commented by at 2017-05-08 12:35 x
日野は100周年にちなんでプロフィアのCM大々的に流してる。
なんなんだよ。ガラクタ引っ張りだして何やってんだ?同じ事の繰り返しだな相変わらず