トヨタがついに決断! マークX、SAIを廃止

トヨタがマークXとSAI(サイ)の生産を打ち切り、
日本国内での中型セダンは今夏発売予定の新型カムリに集約。
この話は昨年の中頃から、ネットや個人ブログなどでは噂になっていた。それが今回、連休中の記事露出をまるでトヨタ側が事前に承知していたかのように、中日新聞が書いたことで、三河地域の自動車業界関係者はこの話を“事実”として捉えた。・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

7e73d5a1-

[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-11 20:43 | トヨタ | Comments(10)

Commented by 名無し at 2017-05-11 21:31 x
日本ではカムリなんて名前では売れない
ウィンダムに変えるべき
Commented by tozu02 at 2017-05-11 21:44
別の名前が良い
2リッターの5ナンバーセダンとしてカムリの名を使うのなら分かりますが
Commented by cvcc at 2017-05-11 21:44 x
※1
同感です。
カムリ、アコードは、アメリカでは大成功して確固たる地位もありますが、日本人のイメージするカムリ、アコードは、手頃なサイズと価格のミドルクラス大衆車です。
決していわゆる日本人的感覚の高級車と認識される名前ではありません。
今のアコードハイブリッドも、MCして非常にカッコよくなりましたし、広さも性能も素晴らしいですが、名前と車と価格が日本人の感覚からかけ離れています。
新型カムリもカムリの名前だと、そうなってしまいそうです。
日本人がイメージするアコードって、今の車でいうと、一番近いのは新型シビックセダンでしょう。この車も日本人のイメージするシビックではありませんね。
シビックもアコードもカムリも、日本市場向けに違う名前の方が良いかと思います。
しっかし、アコードもカムリも巨大ですねー

Commented by 名無し at 2017-05-11 22:16 x
グローバル戦略車なんですから日本より売れている地域に合わすのは会社としては当然でしょう。
Commented by at 2017-05-11 22:28 x
マツダが比較的うまくやってるのかな。マツダ6は日本じゃかつてはカペラで安くてコンパクトなセダンだったけど、今は日本名がアテンザに変わって価格も大きさも随分立派になった。そしてかつてのカペラのポジションなのがマツダ3、日本名アクセラだけどこれもかつては若者向けの安くて小さな車のファミリアだった。仮に今のマツダ3もファミリアという名前だったら、価格と大きさに違和感が半端なかっただろうな。
Commented by cvcc at 2017-05-12 03:09 x
※4
グレイスは海外ではCITYです。
やはりこの車も日本人のイメージするCITYとはだいぶ違います。だからグレイスにしたのでしょう。
この様なケースは結構あるので、名前など海外に合わせる必要はあまりないかと思いますね。
※5
マツダは上手だと思いますね。
アテンザがカペラ、アクセラがファミリアだったと思うと・・・
私は今の上質なコンパクトにデミオの名前というのにも違和感があるんですよね。
Commented by 名焦し at 2017-05-12 08:58 x
中日新聞が言ったからって信用できるのか?
どうせまた飛ばし記事でしょ
SAIは……まあ無くなっても仕方ないような車だけど
トヨタ伝統の中型FRセダンをそう簡単に無くすかなあ
Commented by スバル軽乗り at 2017-05-12 17:29 x
ウィンダムというよりむしろクラウンで。
Commented by グランドビタ~ラ at 2017-05-12 17:49 x
俺はカムリのままでいい。
今の若い連中は、昔のカムリなんか知らないし。
Commented by くにまろ at 2017-05-12 18:04 x
どっかにカムリーマンてのがいたな