三菱自益子CEO「東南アジアは安心感がある」

「東南アジアでの生産をさらに強化する。次はベトナムで何ができるのかを考えていく」――。
三菱自動車が2017年5月9日に都内で開いた2016年度通期の決算発表の場で、
同社社長でCEOの益子修氏は意気込んだ。

7e73d5a1-


同社は2019年度に、125万台の世界販売を目標に掲げる。
これは2016年度の約1.3倍に相当する。「目標達成のためには、東南アジアでの多角化が必要だ。(欧州や北米など)他の市場に進出するよりは、東南アジアは“安心感”がある。特にベトナムが有力」(益子氏)との考えを明かした。ベトナムを選ぶ理由として、労働者の質が高いことや、外資系企業の工場誘致に積極的なことを挙げる。益子氏が述べるように、三菱自動車にとって東南アジアは最重要市場だ。2016年度には全世界販売台数の22%に上る20万6000台を同市場で販売した。燃費不正問題の影響で国内販売が苦戦する中、東南アジアでの「三菱ブランド」の強さは際立つ。  タイやインドネシア、フィリピンなど、東南アジアの各拠点でも続々と生産を増やす(図3)。インドネシアでは2017年9月に新型MPV(多目的車)の生産を開始する。同車両を東南アジア全域に輸出する他、日産自動車にOEM(相手先ブランドによる生産)供給する(関連記事:三菱自動車、インドネシア向け新型MPVを日産にOEM供給へ)。フィリピンでも小型乗用車を中心に生産台数を増やす計画だ。 techon.nikkeibp
[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-11 20:57 | 三菱自動車 | Comments(3)

Commented by 名無し at 2017-05-11 23:45 x
そりゃ今は金がなくて三菱くらいしか買えないからそうなんだろうけど、小金が手に入って、ドイツのプレミアムブランドが買えるようになったらみんなそっちに行っちゃいますよw
Commented by llll at 2017-05-12 11:22 x
>みんなそっちに行っちゃいますよw
それはトヨタホンダでもありうることで、三菱だけに当てはまる話ではないでしょう。
Commented by トメト at 2017-05-12 22:58 x
たしかに
トヨタアジア各地で一番ですもんね
三菱が強いのは、そのトヨタに次か3位くらいのシェアを各地で持ってることですよね
パジェロスポーツなんて現地でも価格高いから
お金持ちが買う車種です