日産 世界販売首位はアジアが得意な三菱自がカギ

「 東南アジア諸国連合(ASEAN)地域をもっと強くしていくべきだ 」 
ゴーン氏は最近、三菱自の益子修社長ら経営陣にこうハッパをかけ続けているという。

7e73d5a1-

三菱自が強みを持つ東南アジアは日産の販売が手薄な地域であり、
そこで三菱自が販売を伸ばせばグループとして台数を上積みできるからだ。
益子社長もASEAN事業に磨きをかけることで「ルノーを含めた3社連合の中で三菱自が果たす役割が明確になる」とその意義を強調する。 既に提携関係にあった日産とルノー連合に、三菱自が加わったことで昨年の3社の世界販売台数は約996万台になった。 同年に1000万台以上を売ったトヨタ自動車、ドイツのフォルクスワーゲンの背中も視界に捉えられるところまで迫っており、三菱自のアジアが伸びれば、追いつくための大きな武器になる。 拡販戦略に加えて収益力強化に向けた連携も急ピッチだ。三菱自のインドネシア工場で生産した車両を日産に供給するほか、部品の共通化や共同購買にも取り組んでコストを減らす。 こうした取り組みにより三菱自は2017年度以降に250億円以上、日産は17年度に240億円の提携効果を見込む。既に効果は顕在化し始めており、三菱自の18年3月期の連結最終損益は前期の1985億円の赤字から680億円の黒字にV字回復する見通しだ。(今井裕治)
sankeibiz.jp

[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-12 07:20 | 日産 | Comments(4)

Commented by 休みだよ at 2017-05-12 08:00 x
売れない漫才コンビみたいだ。
Commented by at 2017-05-13 09:01 x
だから突然ベトナムとか言ったんだな。社内では天皇でもマッカーサーの前では何も言えないって事か…。国内は、どうするんだよ販売台数トップ3に入れれば良いだけか?次は軽なんて止めろとか言わないよな?
Commented by えあろきんぐ、たか at 2017-05-13 22:24 x
国内のシェア低下が止まらない上に、海外に箱(工場)さえ作れば的な安易さ。未だに今後の車種展開戦略はまともに示す事が出来ないトップには幻滅以外無い。グループ内で日本に2社が本社を置く意味が無くなりそうでストレス。
Commented by ワールド at 2017-05-14 18:41 x
いつも感じるのですが、三菱自動車はユーザーの顔を見てないというか、自分のことばかり大丈夫だと言ってる気がします。得意だ不得意だ、こっちだあっちだなんてばかり言ってるということは何も反省していないのだと思います。