車体部品で日産系・三菱自系が協業。次期軽発売向けて

5月22日 日刊工業新聞
ユニプレス、メタルテックと車体部品 日産系・三菱自系が協業 より

日産自動車系サプライヤーのユニプレスは、三菱自動車の主要サプライヤーであるメタルテック(愛知県小牧市)と自動車部品の開発や生産で協業する。日産が開発・調達を主導し、三菱自が2018年末にも水島製作所(岡山県倉敷市)で生産する次期軽自動車向け骨格部品の共同提案を始めた。
nikkan.co.jp

7e74d5a1-

日産系ユニプレスは軽生産拠点である水島市に、工場を持っていないため、
投資コストや物流面を考慮し、三菱系メタルテックと関係を深めたいという思惑があるようです。
一方、ユニプレスはメタルテックの生産技術などを生かし、事業基盤を強固にするのが狙い。
今後の部品調達は一本化され、勝ち残りに向け両社の部品メーカーが手を組む同様の動きは広がるでしょう。

[PR]

by ganbaremmc | 2017-05-22 07:55 | 三菱自動車 | Comments(2)

Commented by スバル軽乗り at 2017-05-22 17:14 x
もしも全メーカーが部品の調達を統合したら…?
Commented by mina at 2017-05-22 21:45 x
軽の企画が進んでいるのがわかってよかった。