日産と三菱自、販売金融サービスでも協業へ

日産と三菱自動車は6月5日、
両社の協業として、オーストラリア、ニュージーランド、カナダにおいて
三菱自動車ブランドの販売金融事業を開始すると発表した。

7e5d5a13-


今回の協業では、現地の日産売金融子会社が三菱自動車ブランドの卸売および小売の金融サービスを開発・提供する。新たに提供するサービスは、ミツビシ・モーターズ・フィナンシャル・サービスのブランド名を独占的に使用し、オーストラリアとニュージーランドで6月より、カナダで7月よりそれぞれ、個人のお客さま向けに提供を開始する。ミツビシ・モーターズ・フィナンシャル・サービスは、魅力的かつ競争力の高い金融サービスをユーザーへ提供し、三菱車の購入をサポートする。 三菱自動車の財務・経理担当の副社長兼最高財務責任者(CFO)である池谷光司氏は「競争力がありかつ幅広い金融オプションを取り揃えることで、お客さまのロイヤルティを勝ち取り、三菱ブランド独自のサービスを構築していきます」とコメントした。本協業は、2016年に日産が行った三菱自動車の発行済み株式の34%取得によるアライアンス締結に基づくもの。新たな金融サービス事業は、世界最大の自動車グループであるルノー・日産アライアンスのメンバーである両社にとって持続可能なシナジーを創出する。 日産の財務およびグローバル販売金融事業担当専務執行役員であるラケッシ コッチャ氏は「三菱自動車との新たな協業により、日産はより多くのお客さまの自動車購入をお手伝いすることができるようになります。私たちは、お客さまおよびディーラーに、業界で最高クラスのサービスを提供することを目指しています。この提携によりさらなるビジネスが生まれ、コストダウンを促し、当社のポートフォリオの拡大につながるでしょう」と述べた。 日産と三菱自動車は、日産の金融サービスの他市場展開や、さらなるシナジーを創出する提携拡大を検討している。 オートックワン

◆◆ 豪で物流事業協力 グループで部品輸送費減
日産自動車と三菱自動車は5日、オーストラリアでの補修部品などの倉庫管理や物流事業で協力していくと発表した。資本業務提携の一環で、日産は傘下に収めた三菱自動車と事業を共有化することで、グループ全体での輸送費を減らす。両社は今後も開発から生産、物流と幅広い分野で提携を強化し、競争力を高めたい考えだ。両社の現地販売会社の「豪州日産自動車」と「ミツビシ・モーターズ・オーストラリア」が、南東部メルボルン郊外で敷地3万6千平方メートル以上の物流施設を今年末にも新設する。主に両社のオーストラリア国内の販売店へ補修部品を供給する。 山陽新聞


[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-05 17:25 | 三菱自動車 | Comments(0)