三菱自 アイミーブ後継車を20年に販売へ

三菱自動車は2020年をめどに新たな電気自動車(EV)を販売する検討に入った。
軽自動車「eKシリーズ」をEV化する方向で、
三菱自が生産し、同グループの日産自動車にも供給する。
販売中の軽のEVより価格を抑え、日常の足としての需要を開拓する。 

7e5d5a14-

益子修社長が朝日新聞の取材に明らかにした。
三菱自は軽自動車「eKシリーズ」を水島製作所(岡山県倉敷市)で生産、販売しており、日産では「デイズ」のブランドで販売している。 18年度に全面改良し、水島での生産も続ける見通しで、20年をめどにEVも追加する方向で調整する。 
三菱自は現在、軽のEV「アイミーブ」を販売しており、
その後継車としての位置付けとなる。
軽は国内市場の3~4割を占め、特に地方では欠かせない移動手段になっている。 益子氏は「過疎地ではガソリンスタンドの経営が苦しくなり、給油に行くまで時間がかかっている」と述べ、地方では自宅で充電して走らせるEVの潜在的な需要が多いと強調した。 ただ、軽は維持費の安さが人気で売れており、価格競争が厳しい。 アイミーブは補助金込みで200万円超と高価で、当初の年1万台の販売目標に対し、実績は累計で2・2万台にとどまる。 益子氏は「電池のコストが下がり、性能もよくなっているため、アイミーブを発売した09年とは環境もずいぶん変わった」と指摘。 三菱自と連合を組む日産、仏ルノーはいずれもEVに注力する。 電池を含めた主要部品を3社でどれだけ共通化し、コスト削減を図れるかが成否を分けそうだ。 asahi.com

[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-09 22:31 | 三菱自動車 | Comments(18)

Commented by at 2017-06-09 22:48 x
今日の記事だしこれが焦らしてる新情報じゃないよね?
Commented by 匿名 at 2017-06-09 22:51 x
3~4年後に車の買い換え時期なんです。
まさに、タイムリーな(o^^o)
アイミーブも良い車ですし、後継車はもっと良い車になってるはず。
とりあえず、1台予約(^^)v
Commented by at 2017-06-10 00:43 x
次期ekがベースなら納得か。あとは現行からどれだけ進化するのか?性能だけでなく価格も。
Commented by mina at 2017-06-10 01:09 x
想像以上に遅くて心の底からガッカリ。
Commented by cvcc at 2017-06-10 01:39 x
仲間のルノー・トゥインゴ/スマート・フォーフォーをベースに独自デザインを施してアイ(白ナンバー車でいいです)をモデルチェンジして欲しいですね。
それを元にEV又は日産のレンジエクステンダーのeパワーを積むのがいいと思うんですけどね。
なんかeKベースだと夢が無い感じがしちゃうんですよね。
Commented by mao at 2017-06-10 01:55 x
まさかこれが若狭ラリーで開発が言ってた「お待ちかね」なんてことはないよなあ…
標準車が廃止になった今、MRのシャーシなんかEV用に新しく作るはずもなくコストダウンでシャーシ共有となればekになるのは自然な流れなのだが…
Commented by なっしんご at 2017-06-10 08:15 x
これが新型ekのエンジンの記事に書いてあったもうひとつの驚きの情報ですね。
ekベースなら日産でも売られますねDAYZLEAFとか。
Commented by ganbaremmc at 2017-06-10 08:20
> なっしんごさん

いえ。
違いますよ
by.管理人
Commented by なっしんご at 2017-06-10 08:22 x
で一体いつ出すんです。
Commented by ganbaremmc at 2017-06-10 08:24
> うさん
この情報は、時期はともかく
みんな知っていますよね
むしろとっくに出ているはずのクルマなのに
なんで20年になってんの?って感じで遺憾ですわ
しかも検討ですって
Commented by 休みだよ at 2017-06-10 08:49 x
旬を逃すにも程がある。もはやパイクカー。
Commented by えあろきんぐ・たか at 2017-06-10 09:08 x
特化すると聞いていたカテゴリの一つの車種の惨状。売れなかったと得意の言い訳をされそうだが、普及の努力度は低すぎるし、商用の位置づけが濃かったし、販売が伸びる筈もなし。
一体何だったらまともにやるの?・・・益子さん!
Commented by やっぱり俺は益子が嫌い at 2017-06-10 12:56 x
>>えあろきんぐさん禿同
「地方では自宅で充電して走らせるEVの潜在的な需要が多い」とかふざけたこと言ってるけど、それはi-Mievが出た時から言われてたこと。
いつまで潜在させとけば気がすむんだろ。
それに地方(特に山間部、離島など)じゃミニキャブMievに需要もあったはずなのに今じゃカタログ落ち。
要は益子体制になってからの宣伝広告費とかケチった販売戦略が間違ってるって事なんじゃ無いの?
そんなんじゃ新型EV出しても売れる気がしない。
まぁ2020年ぐらいにトヨタもEV出しそうだからそれに合わせて充電インフラが整備されれば多少は良くなるだろうけど。それとも「潜在的な需要」を奪われる毎度のオチか。
Commented by ganbaremmc at 2017-06-10 13:50
> やっぱり俺は益子が嫌いさん
益子様に対して言いすぎですよ!

めっ
Commented by 底辺工場勤 at 2017-06-11 06:56 x
ここでも記事が上がってたような気がするけど、ホイールインモーターの開発には成功している
次期EVに採用されれば専用シャーシを開発せずとも、前輪駆動・後輪駆動・4輪駆動思うがまま
4輪駆動に至っては完全4輪制御も可能な為、市販レベルでグイグイ曲がるスポーツ走行や、
超悪路踏破性能を持たせることも可能

まあ、そこまでやったら値段がすごいことになるだろうけど
Commented by なっしんごなちぇーん at 2017-06-11 14:56 x
しかしスッゲー上向いてるね!この電気グルーヴって言うか この電気自動車!
Commented by あらら at 2017-06-11 18:33 x
益子 まだいたのね。
Commented by 何というか… at 2017-06-13 03:44 x
三菱自動車の場合、4WDのみならずEVに関しても高い技術力を有しているようで、ゴーンさんも、EV関係は日産で開発を行わず、三菱の技術を採用していくとのコメントがあったと記憶しています。
今やルノー、日産、三菱は同盟国ともいえる状態ですから、得意な分野で協力してコスト削減できるという強みもありますね。

そういえば、山岳地帯での電気自動車のレースで三菱が優勝など、高成績だったらしいのですが、なぜかほとんど宣伝しません。他社なら大々的に宣伝すると思うのですが… 宣伝ベタだなぁ…