渡辺 陽一郎 「クルマの燃費競争はもう終わり?」

不毛な燃費競争に、ユーザーの側が呆れ始めたのが直近の状況だろう。
JC08モード燃費と実用燃費に格差があることも常識になり、前述の高齢者事故の増加もあって、燃費数値に対する関心が薄れてきた。ただしエコカー減税は依然として残る。新型CX-5や新型ミライースが燃費数値を少し落とせたのは、エコカー減税に影響がないからだ。新型CX-5の開発者に「燃費数値の悪化によってエコカー減税率が下がっても、実用燃費を重視できたか」と尋ねると、・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

7e5d5a6-

[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-15 20:18 | ニュース・その他 | Comments(0)