三菱自 益子CEOが「ランエボ」「パジェロ」次期モデル開発の可能性に言及

三菱自動車の益子修CEO(最高経営責任者)は6月23日に都内で開いた株主総会で、『パジェロ』と『ランサーエボリューション』の新規開発について、当面は厳しいとしながらも「夢は捨てたくない」とし、「V字回復を実現し余力が出てきた暁には挑戦したい」との考えを示した。

7e81d5a1-

益子CEOは「これまで生産販売してきた多くの車種の中でもパジェロとランサーエボリューションは最も知名度の高いクルマで、当社のブランドイメージを高めるのに大きな貢献をしてきた。 世界各国で長年にわたりたくさんのお客様に愛されてきた当社のブランドを代表するクルマでもある」と両モデルを評価。 また「パジェロは、ダカールラリーでの戦いぶりを通して世界に通用するクルマになった。 ランサーエボリューションは、WRC(世界ラリー選手権)で活躍したことが認められ、多くの方に愛されてきた。 当社の最大の財産のひとつといっても過言でない」と強調。さらに「パジェロやランサーエボリューションには、多くの社員や多くのお客様が愛着を持っている。パジェロとランサーエボリューションの技術は当社のSUVの中に数多く取り入れられ、大切な技術はしっかりと伝承され、他のクルマの中に生きている」とも述べた。 一方で「ますます厳しくなる環境規制や燃費規制にも目を向けなければならない。アメリカや欧州で要求されている高い水準の規制が中国、中東、ASEANでも順次導入されている。パジェロやランサーエボリューションのようなタイプのクルマは次第に販売可能なエリアが限られるようになってきた。当社の規模では要求されるすべての規制に対応し、多くの車種を開発していくことは現実的ではなく、思い切った選択と集中が会社が生き残る道」と指摘。その上で「今後私どもは環境に配慮したクルマ造り、自動運転に代表される安全に配慮したクルマ造りが開発のメインストリームになる」との方針を示した。すでにランサーエボリューションは、2016年秋までに生産販売が終了。またパジェロは2016年10月に一部改良が行われたものの、新規開発は凍結されている。しかし益子CEOは「夢は捨てたくない」とも語り、「V字回復を実現し会社に余力が出てきた暁にはルノー・日産アライアンスの力も借りて、今と全く同じクルマではないかもしれないが、いつか新しいパジェロやランサーエボリューションの開発に挑戦したいという気持ちを持って仕事をしていく。会社の置かれた状況と捨てない夢について、株主の皆様のご理解を頂ければ大変ありがたく思う」と株主に理解を求めた。また今後の研究開発については「アライアンスを活用しながら長期的な視点で強化を進めていく。投資額については自動車業界で競争力を維持するために必要な水準である売上高比で約5%をめどとする。またそれに伴う必要な工数も確保する。社員の増強に加え、外部のエンジニアリング会社も積極的に活用する計画。これらにより高い商品力を持ったモデルの市場投入が可能となり、商品主導による販売台数と売上高の増大を図っていく」と述べた。 国内販売に関しては「軽自動車の販売は2015年度レベルに戻りつつあり、これに加え今年度待望の新型車『エクリプス クロス』や『デリカD:5』の特別仕様車などで挽回を目指す。また今年度は、将来の電動車両時代に備えて、販売店200店舗を電動DRIVE STATIONとしてリニューアルするプロジェクトの初年度。2017年度は28店舗を電動DRIVE STATION化する」と明かした。 株主総会では、益子CEOの続投に疑問を呈する株主からの質問が相次ぎ、会場から拍手も起こったが、益子CEOの続投を含む取締役11名の選任など総会決議事項はすべて原案通り可決された。
レスポンス

また出す出す詐欺ですか?
それよりも次期モデル出すまで会社に居座るつもり?
てか、あんた無給でやるっていってませんでした?
[PR]

by ganbaremmc | 2017-06-23 21:47 | 三菱自動車 | Comments(15)

Commented by 名無し at 2017-06-23 23:09 x
てか、パジェロはまだしもランエボなんて既存車種のバリエーションモデルなのに、そんなにコストがかかるとは到底信じ難いんですがね。
大して会社の規模が変わらないスバルがWRX続けて成功してるし、レヴォーグにしてもハイパフォーマンスを売りにしてるSTIスポーツの2リッターターボが相当売れてるのに、言い訳になってないよな。
エクリプスナンチャラもイギリスのレビュー読む限り退屈でドンガメみたいだし、それだったら普通は下取りと家族受けのいいC-HR買いますって。
Commented by 名無し at 2017-06-23 23:30 x
ランエボはコストがかからない?
常に会社の最先端の技術を投入し続け、レース活動にも積極的に参加し続けたランエボの開発コストは他の車種の比ではないでしょう。
それに加え、決して採算が取れる車でもない。
ランエボ復活という夢は勿論私にも理解が出来ますが、会社として、ビジネスとしてやっている以上、余力がない現段階ですぐに復活させろというのはあまりにも無理があるでしょう。
最大のライバルであったスバルが今もWRXを作り続けているとのことですが、スバルは不祥事を起こして売上が揺らぎましたか?むしろアメリカを中心にイケイケドンドンな状況でしょう。
三菱の夢とは、それこそ今のスバルのように、むしろ今のスバルを超えるくらい、基幹車種の売上を安定させたうえでスポーツモデルやパジェロを復活させ、再びスバルを含む他メーカーとやりあうこと、だと私は思いますよ。
Commented by ganbaremmc at 2017-06-23 23:51
> 名無しさん
ランエボはたしかにメーカーにとって赤字ですが、
三菱にとっての象徴であり、代名詞です。
また社員の士気も上がります。技術のアピールにもなりますしね。
「この四駆システムはランエボ、パジェロで培った技術を・・・・」新車が発表されるたびに使われるこの台詞は、広告塔としても使えるのだから、みえない大きな利益があるのですよ。
GT-R、フェアレディを辞めなかったのは、同じ理由では?

現実の利益だけ追求したいのなら車メーカーなんて短命です。
今はそんな人がCEOだから
10年たってもヒット車が国内ででないのですよ
Commented by クルマニア at 2017-06-24 00:12 x
あなたがいる限り無理でーす!!
あと他の方の指摘もあるように在任中ずっとヒット車が無いのはおかしい。
Commented by 名無し at 2017-06-24 00:55 x
ganbaremmcさん

ご返事ありがとうございます。
もちろん、私もランエボが赤字でありながら存在し続けた理由や意味を理解していますよ。
私自身大好きな車ですし、アウトランダーに乗ったときにS-AWCを試して感じたランエボ譲りの技術に胸を熱くしたことすらあります。

ただ、現実的に考えて、今このタイミングがランエボやパジェロを復活させるに最適な時期だとは思いません、という話です。
ただでさえ経営資源に乏しく、普通の乗用車ですら開発を凍結しなければならないこのタイミングで、赤字がほぼ決まっているようなモデルの投入は現実的はでないと私は考えます。
だからこそ、今はまだまだパジェロやランエボで培った技術で(少なくとも技術に関しては)戦えているので、そこを上手く利用しながら基幹車種の売り上げを回復させ、その後にそういった象徴モデルの復活という形こそ、ビジネスモデルとしても、企業のストーリーとしても、最善なのではないかと思います。

...だからこそ、エクリプスクロスや、おそらく来年に出るであろう新型デリカ、また軽の後継の成功こそ、直接ランエボやパジェロの復活に繋がる重要な局面にも来ているのかな、と感じています。
Commented by 日曜日よりの関係者 at 2017-06-24 01:12 x
挑戦してもらっても良いけどコンプライアンス違反や不正隠してる今の状態では作れないよ。
Commented by 元期間社員 at 2017-06-24 02:15 x
ランエボを復活させると云うことはセダン(ランサー)をまた造るって事かな?

今回の発言は益子の本心では無いでしょ?ゴーンに言わされただけのような。
「夢は捨てたくない」→よく言うよ!あなたの夢は三菱を中国あたりに売り飛ばすことでは?
Commented by 名無し at 2017-06-24 02:22 x
ランエボ降りてドイツ車に行ったけど、こっちに来ちゃうと
ちょっとやそっとじゃまた三菱車に戻ろうとは思えないよ。
エクリプスなんちゃら買うなら、BMWのX1とかアウディのA2とかミニクロスオーバーとか全然ブランド価値が高いし乗り味もウワテの車が100万も変わらない値段で控えてるわけだしね。
そこであえて三菱を選んでもらいたいなら、とっておきの車を用意しないといけないわけで、それがランエボとそのイメージを引き継ぐものの訳ですがね。
スバルで言うところのWRX STIとレヴォーグSTIスポーツみたいな感じで展開する必要があるでしょう。
Commented by at 2017-06-24 06:38 x
エクリプスクロスはまだ発売されてないの乗り味がどうかなんかわからんですよ
少なくとも新しいpfになってるからアウトランダーよりは良くなってと思うけどね
Commented by at 2017-06-24 06:46 x
検討の結果、開発が決まったとしても
そこからプロジェクト立ち上げて開発始めて
実際に市販されるのは10年後ぐらいか
先はまだまだ遠い・・・
Commented by ganbaremmc at 2017-06-24 08:35
> jさん
いや。そうでもないですよ。
この発言は明らかに日産から言わされている感が強く、
目途が立っているからわざわざ言っているのです。
三菱って空いた時間にこそこそ何か作っているらしく、PHEVもここから生まれています。ランエボもその時に備えて、つねに研究しているから、僕は数年後とみていますけどね。
Commented by えあろきんぐ・たか at 2017-06-24 08:41 x
言う事が180度変わったですね。ゴーン氏にも注文つけられたかも。出すとは言ってないのがミソで思考は変わっていないでしょ・・・・。
顧客に対する説明としてはだいぶまともになった?
Commented by 名無し at 2017-06-24 11:27 x
どうせランエボを作り直すなら、
縦置きFRベースのS-AWCを見てみたい。
リア駆動メインの旋回性能と、
フロントをダブルウィッシュボーン化。
プチGTRとしても必要では?
さらにこれをベースにしたSUVでクロカンラリー参戦。

Commented by 名無し at 2017-06-24 11:45 x
でも実際のとこ、本当にランエボ復活させるなら、
PHEVにしようとするのかな。
速さを追求するPHEVなら、NSXのレイアウトがベスト?
そして、そのまま参加出来るモタスポは無い?
競う相手もいない?
ただの高性能な高額車?
凄い車なのは認められても、買う人いる?

そんな面倒くさい車より、
原点回帰したシンプルな四駆ターボの方が良くない?
FRベースにしてパジェロみたいなセンターデフにしたら、
良く曲がるでしょ。
Commented by 名無し at 2017-06-25 00:19 x
ただの4WDターボじゃ、どうせWRXと比較されて、ステマがうまいスバルに乗り味が劣ってるとか人工的だとか揶揄されるだけなので、スバルとは違う土俵でスバルより速い車を出すことが命題でしょうな、次があるなら。
そのためにはPHEV+ディーゼル+S-AWCの進化版みたいなとびっきりの隠し玉がないとね。