ホンダ 次期型シビックの1.0Lエンジン向けターボ、BorgWarner社が供給

米BorgWarner社は2017年7月12日、ホンダの次期型「シビック」向けにターボチャージャーを供給することを発表した。主にアジアや欧州市場で発売予定の直列3気筒で排気量1.0Lの直噴ガソリンエンジン「VTEC TURBO」に搭載する。

7e5d5a1-

新しいターボチャージャーの特徴は小型で高い耐久性を持つこと。最大で950℃の排出ガスと、28万5000rpmの回転速度に耐えられるという。日本市場向けのエンジンには、同ターボチャージャーを搭載する予定はない。ハッチバックやセダンタイプには排気量1.5L直噴ガソリンエンジンを搭載。スポーツタイプ「 TYPE R」には同2.0L直噴ガソリンエンジンの搭載を予定している。 
シビックは、1972年の発売から世界で累計約2400万台を販売しているホンダの世界戦略車である。日本市場向けは2017年7月下旬に発売を予定している。  セダンは埼玉県寄居工場で生産。ハッチバックとスポーツタイプはイギリスの生産拠点であるHonda of the U.K. Manufacturing社のSwindon工場で生産して日本に輸出する見込みだ。 techon.nikkeibp.

[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-12 20:54 | ホンダ | Comments(5)

Commented by 名無し at 2017-07-12 20:58 x
> 日本市場向けのエンジンには、同ターボチャージャーを搭載する予定はない。
> 日本市場向けのエンジンには、同ターボチャージャーを搭載する予定はない。
> 日本市場向けのエンジンには、同ターボチャージャーを搭載する予定はない。
Commented by 通りすがりの三菱ファン at 2017-07-12 21:36 x
日本市場は保守的(笑)だから古い1.8と2.0乗せるで~ってか国内市場なめくさってんな
こういう考えしてるところ見るとやっぱり日本は自動車後進国なんだよなぁ・・・
ホンダなんだからハイブリット以外も最新のエンジン乗せんかい
F1で使ってんだからタービンも自前で作らんかい
Commented by 通りすがり at 2017-07-12 21:49 x

>ホンダ 次期型シビックの1.0Lエンジン向けターボ、BorgWarner社が供給
昔のKKK社製ターボ
Commented by 名無し at 2017-07-12 22:07 x
地産地消。
Commented by GIN at 2017-07-13 07:25 x
ジェイドはともかく、ステップワゴンが売れていない理由に、
1.5Turboを上げる雑誌・評論家がいるからね〜。

1番の要素は、デザインだと思うけど。
下品だなんだ言われても、結局、購買層はメッキギラギラの押出しの強いデザインを好むんでしょう。