三菱自野球部、燃費不正で2か月自粛していた

7e81d5a1-

第88回都市対抗野球大会第2日(15日、三菱自動車岡崎2-3パナソニック、東京D)4年ぶり出場の三菱自動車岡崎は昨年、会社の燃費データ改ざん問題のため予選を出場辞退し、野球部も2カ月間活動を自粛した。そこから復活し今年は東海地区第1代表の座を勝ち取っての出場だった。 野波監督は「苦しい時期だったが、選手とのコミュニケーションを徹底した。教育しかなかった」と振り返った。パナソニックに惜敗したが「これからもスローガンの頂戦(ちょうせん)通り、頂を目指してチームをつくっていく」と続けた。sanspo.com

7e5d5a1-


全然知らなかった。
他のスポーツはどうなんでしょうか?
益子って本当悪い奴ですね

7e5d5a2-
twitter.com/sukezaemon2323/

ちなみに九州三菱はエクリブスクロスのロゴ入りユニに


[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-15 22:08 | 三菱自動車 | Comments(1)

Commented by 地球環境直球勝負 at 2017-07-17 04:09 x
島根大学の客員教授である久保田邦親博士らが境界潤滑の原理をついに解明。名称は炭素結晶の競合モデル/CCSCモデル「通称、ナノダイヤモンド理論」は開発合金Xの高面圧摺動特性を説明できるだけでなく、その他の境界潤滑現象にかかわる広い説明が可能な本質的理論で、更なる機械の高性能化に展望が開かれたとする識者もある。幅広い分野に応用でき今後48Vハイブリッドエンジンのコンパクト化(ピストンピンなど)の開発指針となってゆくことも期待されている。