三菱自益子CEO「ゴーンちゃんの気配りは凄い」

燃費不正問題で経営危機に陥り、日産自に支援を要請した三菱自CEOの益子修は、アライアンスがそうした微妙なバランスの上に成立していることを実感した象徴的事例として昨年5月12日の資本提携発表の際の出来事を挙げる。  その日は日産自が横浜市の本社で決算発表する予定で、提携の記者会見も同じ場所で開く方向で調整していたが、・・・・・・・・・・・・・続きはこちら

7e5d5a2-

[PR]

by ganbaremmc | 2017-07-22 19:55 | 三菱自動車 | Comments(4)

Commented by やっぱり俺は益子が嫌い at 2017-07-22 23:16 x
なるほど。
いかにゴーンがポジティブな言葉で三菱社員を励ましているって事はよくわかりました。
って事は今もその地位にあぐらをかく現CEOがなーんもして無かった、いや、もしかしたらネガティヴな言葉で三菱社員を蔑んでいたって事ですかね。
さすがCEO。
Commented by フォルティス at 2017-07-23 00:16 x
少しだけ……ほんの少しカネごーん見直したかも でも疑心暗鬼だけどね。(笑)
Commented by えあろきんぐ・たか at 2017-07-23 04:59 x
くどいですが益子氏は経営者目線ではありません。経理担当部長さんくらい。ビジネスは「長所進展法」が必須原則ですから。(ゴーンさん経営者目線はセオリー通りなんですね)
彼が発言してコミットメントしたことと、それに対してどの程度やったか(やれたか)、一件づつ見れば余りにも明確なんだけど。
コミットに対して完璧だったのは
①車種減、②予算圧縮くらい。電動車に注力は販売対策は皆無に近く出しっぱなしに近い。
海外に注力の部分ですら、1台の利益率が違うと言いつつ、これを言い出してから稼働した工場の製造台数は特筆できる程ではないのでは・・今年稼働開始の二工場は出来ても海外生産は伸びていない。
国内販売総数を400万台として過去最高のシェアだと28万台、今の1.5%だと7.2万台。差し引き20万台以上は伸ばす必要があることになる。もちろん米国などの撤退もあり考慮知れば実績は出してはいるが。
それ以上に、日本国内が市場縮小と言うならどういう展開をするかもっと青写真を焼き、(いつも総会で言ってた維持・維持ではなく販売台数またはシェアをコミットしてから販売網を最適にするべき)発信する義務があったが、余りにも場当たり的なものしかなかったが・・・。

Commented by at 2017-07-25 06:06 x
マツダ、フォードの関係と同じじゃないかな、書類は英語だし、職種に関係なく管理職昇進条件のトイックの傾向と対策ばかり必死にやってる奴等多過ぎでしょ(笑)
まず、実務を必死にやらないと儲からないよ。