三菱自益子CEO「新型エクスパンダーでエクスパンドします」

三菱自動車は、8月10日に開幕する「インドネシアモーターショー」にて、
次世代クロスオーバーMPV『エクスパンダー』を初公開する。
エクスパンダーは、従来の小型MPVより一回り大きいワイドボディを採用し、クラストップの室内空間と多人数乗車に最適な乗員レイアウト、十分な容量の荷室を実現。また乗員間の距離と幅、ヘッドクリアランスを十分に確保したほか、3列目では良好な居住性と乗降性を実現する工夫を凝らしている。デザイン面では、流麗なルーフラインのキャビンや、リヤクオーターピラーの上端を抜いた伸びやかなウインドウグラフィックでMPVらしいスタイリングを実現。またフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を進化させ、フロントフェイス中央のラジエーターグリルを、バンパーの左右コーナー部とアンダーガードの3方向から包み込むようなプロテクト形状とし、人とクルマを守る安心・安全の機能を力強く表現している。パワートレインは実績のある1.5リットルDOHC 16バルブMIVECエンジンを静粛性向上など細部にわたって改良して搭載し、5MTまたは4ATとの組み合わせにより、高性能と低燃費を追求。高剛性ボディと最適設計されたサスペンションにより、クラストップレベルとなる205mmの最低地上高を持ちながら、優れた乗り心地と操縦安定性、静粛性を実現している。また、キーレスオペレーションキーを携帯していればドアハンドルのスイッチを押すだけで開錠・施錠でき、ブレーキを踏んでエンジンスイッチを押すだけでエンジンの始動・停止が可能。そのほか、キーレスオペレーションキーのリモコン操作による開錠時、ポジションランプが30秒間点灯し、ドライバーを迎えるウェルカムライトなどを採用している。 新型エクスパンダーは、インドネシアの新工場で年間8万台生産する計画で、同国では今秋より販売を開始。価格は1億8905万ルピア(約156万円)から2億4535万ルピア(約202万円)。また、アセアンを始めとする一部の地域には、2018年初春より出荷する計画だ。
レスポンス

7e5d5a11-
動画観れます garow.me/

ボディサイズは4475×1750×1700mm(全長×全幅×全高)で最低地上高は205mm。同社CEOの益子修氏は「三菱自動車はインドネシアにおいてSUV市場及び小型商用車市場で高いシェアを確保していますが、新型エクスパンダーを伸張著しいMPV市場に投入することで、お客様のカーライフを“expand”しながら、同国でのプレゼンスの更なる拡大を図ってまいります」とコメントしている。 Car Watch 

      (# ゚Д゚)


[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-10 15:29 | 三菱自動車 | Comments(7)

Commented by kazu at 2017-08-10 15:52 x
日本でも販売して欲しい!
Commented by パジェキ at 2017-08-10 19:37 x
パワートレイン変更と四駆の設定をして日本でもだして欲しいところですが、デリカの新型も控えているはずなので難しいのかな?
それでも日本にだしてほしい
Commented by ganbaremmc at 2017-08-10 20:04
> パジェキさん

益子CEO
「まったく君たちは日本にも出してほしいと、無責任にいうが、買わないじゃないか。だいたい我が国の現状は少子化で、車離れ・・・とにかくヤダ。以上!」
Commented by 無銘 at 2017-08-10 20:34 x
そうやって日本で新型車出さず国内の販社潰して社員を路頭に迷わせてればいいんだ
Commented by ganbaremmc at 2017-08-10 21:09
> 無銘さん

益子CEO
「販社は販社でスズキも売ってりゃいいんだよ。メーカー第一!メーカーファースト!俺ファースト!!! あははははは。(笑)」

(# ゚Д゚) マスコォォォ
Commented by やっぱり俺は益子が嫌い at 2017-08-10 23:02 x
益子
「僕の図々しさと若い嫁の前でのコカンもExpandです!」


さっさとExitしてくれ‼︎‼︎
Commented by ganbaremmc at 2017-08-10 23:49
> やっぱり俺は益子が嫌いさん

益子CEO
「年取るとアソコは駄目だな。やつぱ金目当てで一緒になりやがった」