三菱自の新小型MPV、先行予約が4300台

三菱自動車の販売子会社であるミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・セールス・インドネシア(MMKSI)は20日、インドネシア自動車製造業者協会(ガイキンド)が主催する国内最大のモーターショー「ガイキンド・インドネシア・インターナショナル・オートショー(GIIAS)2017」での新小型多目的車(MPV)「エクスパンダー」の先行予約台数が、19日までに4,317台に達したと発表した。

7e5d5a6-

GIIAS2017で成約・予約された三菱自の車両のうち、83%をエクスパンダーが占めた。またエクスパンダーのテストドライブの申込者数は同日までに1,276人に上った。MMKSIの広報担当者は「GIIAS2017におけるエクスパンダーの存在感は、初日から高かった。先行予約台数も、多いときには1日で600台以上に上ることもあった」と説明。MMKSIのアフターサービスと合わせて、今後もエクスパンダーの販売を拡大すると強調した。三菱自によると、エクスパンダーは西ジャワ州カラワンの新工場で9月から本格的な量産体制に入り、最大で年間8万台を生産する計画。ジャカルタでの価格は1億8,905万ルピア(約155万円)からとなっている。nna.jp
[PR]

by ganbaremmc | 2017-08-21 10:10 | 三菱自動車 | Comments(0)