三菱自 中期経営計画を発表

三菱自動車、販売台数・売上高・営業利益の増加に向け中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」を発表

・  年間の販売台数と売上高を30%以上増加させる3ヵ年計画
・  営業利益率6%以上を達成
・  設備投資と研究開発費を3年間で計6,000億円以上に増額
・  新型『エクリプス クロス』を含む6車種の新規モデル投入により商品の刷新を加速
・  米国、中国、アセアン市場で、SUV拡販による成長を実現
 
三菱自動車は本日、2019年度の年間販売台数目標と年間売上高目標をそれぞれ、2016年度比30%以上増の130万台、2.5兆円とする3ヵ年の中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」を発表しました。
 
本計画の下で当社は、効率化を進めながら商品ラインナップの刷新と重要市場での成長を図り、2019年度の営業利益率についても、2016年度の0.3%から6%以上とすることを目指します。
 
益子 修CEOは、「本計画は、当社の新たなロードマップです。当社への信頼回復を最優先課題として取り組み、新型車の投入を確実に実行し、業績のV字回復軌道に乗せます。設備投資や新型車開発への積極的な投資を行い、持続的成長への基盤を固めます」としています。
 
本計画期間中に設備投資を60%増の年間1,370億円、売上高比5.5%に引き上げます。また、研究開発費も50%増の1,330億円とし、3年間で計6,000億円以上の投資となります。財務規律を維持しながら、期間中に毎年フリーキャッシュフローの黒字を確保します。また、配当に関しても日系自動車メーカーと比較して競争力のある水準で株主に還元する予定です。
 
投資拡大の流れの中で、当社のSUV・4WD車やピックアップトラックのラインアップをさらに強化し、新型『エクスパンダー』と新型『エクリプス クロス』など11モデルを投入します。この商品ラインアップの刷新は、アセアン地域、オセアニア、米国、中国、そして日本での販売拡大と並行して進めます。
 
益子 修 CEOは「本計画はSUVなど成長商品セグメントでの当社の強み、そして成長市場であるアセアン地域での当社ブランドの強みを最大化させる意欲的な計画です。それと同時に、引き続きコスト管理の徹底を図り、効率的で規律ある業務体系を構築します」としています。
 
本計画の下、当社はオセアニア地域とともに「基盤地域」と定義するアセアン地域で、10%のマーケットシェア獲得を目指します。また、販売事業の強化を米国から始めます。中国では、現地生産化した『アウトランダー』に加え、新型『エクリプス クロス』などの商品投入により、中国における当社のプレゼンスを強化します。日本市場については、販売網と商品ラインナップの強化により、黒字化を目指します。

7e5d5a6-

本計画は、3つの戦略要素が柱となっています:
 
1)     商品の刷新:本計画の期間中に、当社は11の新型車を投入します。このうち6車種は新規モデルまたは現行モデルのフルモデルチェンジとなり、毎年2車種の投入が予定されています。当社の強みであるSUV・4WD車およびプラグインハイブリッド車からなる5車種でグローバル販売台数の70%を占める予定です。さらに、低排出ガス車へのシフトが進む中、2020年以降、軽自動車EVを含め主力モデルに電動化パワートレインを用意する計画です。
 
2)     主力市場への注力により、売上成長を実現:当社の最大かつ高収益市場であるアセアン地域では、今年操業を開始したインドネシアの新工場、および新規投入した新型『エクスパンダー』が成長を主導します。
アセアン地域での年間販売台数は206,000台から2019年度には310,000台まで増加する予定です。日本では、軽自動車の新型車を投入します。米国では、販売事業の強化を進め、2019年度に30%増となる年間130,000台の販売を目指します。中国では、ディーラー網を倍増し、2019年度までには販売台数を倍以上の220,000台に引き上げます。
 
3)     コスト最適化:当社はコスト管理を徹底するとともに、研究開発費を大幅に増額しながらも、開発費や生産・物流コストも含めた「ものづくり総コスト」の年率▲1.3%低減を目指します。これらのコスト管理を行いながら、当社はアライアンスのメンバーとして、共同購買や研究開発でのコスト回避などのシナジー効果で本計画期間中に1,000億円以上の効果を生み出します。
 
当社は強みであるプラグインハイブリッド車の技術やSUV・ピックアップトラック、そしてアセアン地域での高いマーケットシェアにより、アライアンス全体の中でも、2016年の50億ユーロに対して2022年に倍増となる100億ユーロのシナジーに寄与します。
 
益子 修CEOは、「私たちは、商品ラインナップを刷新し、投資を拡大しながら、重要市場での成長を目指します。また、本計画の3年間に渡り、当社の変革を継続してまいります」としています。
mitsubishi-motors.com

[PR]

by ganbaremmc | 2017-10-18 14:04 | 三菱自動車 | Comments(13)

Commented by やっぱり俺は益子が嫌い at 2017-10-18 14:09 x
『益子 修CEOは、「私たちは、商品ラインナップを刷新し、投資を拡大しながら、重要市場での成長を目指します。また、本計画の3年間に渡り、当社の変革を継続してまいります」としています。』

最近のこのヤローの対応見てると、日本は重要市場じゃないってことですかね。
Commented by ぽん at 2017-10-18 14:43 x
で、CEOの刷新はいつですか?
Commented by at 2017-10-18 15:33 x
六車種ってエクリプスクロスとエクスパンダーとデリカのマイチェンの
次はRVRとアウトランダーの新型か?エンブレムだけ変えた日産のOEMとかはやめてくれよ
Commented by nanashi at 2017-10-18 15:35 x
>毎年2車種の投入が予定されています。
17年度エクスパンダーとエクリプスクロス
18年度デリカとek
19年度アウトランダーとekスペースかな?
Commented by 名無し at 2017-10-18 16:56 x
>>本計画の期間中に、当社は11の新型車を投入します。
>>このうち6車種は新規モデルまたは現行モデルの
>>フルモデルチェンジとなり、
>>毎年2車種の投入が予定されています。

じゃあ5車種は何? マイチェンとか特別仕様車?
D:5シャモニーと、ekとミラージュとD:3とD:4の巨人カラー?
Commented by 名無し at 2017-10-18 17:20 x
新規車種にアクティブギアが入ってなければいいけどね
Commented by nippon at 2017-10-18 18:14 x
三菱に限らず自動車メーカーにとって日本はこれ以上伸びない市場なのだから重要市場じゃないのは当たり前でしょ。
Commented by 益子です。 at 2017-10-18 18:59 x
そうだそうだ!
何もわかって無いくせに文句ばっかり要ってるんじゃ無いよばーか
Commented by 益子です。 at 2017-10-18 18:59 x
そうだそうだ!
何もわかって無いくせに文句ばっかり要ってるんじゃ無いよばーか
Commented by ねこさま at 2017-10-18 20:29 x
三菱のHPに上がってる中期計画資料見るとデリカと軽のフルモデルチェンジ、軽EVの計画は明記されてますね。
Commented by at 2017-10-18 23:35 x
何気にロゴマークリニューアルしてるじゃん。
Commented by saotomemakoto at 2017-10-19 05:16 x
こいつまだ辞めないのかよ。いい加減にしろよ。あと3年居座るつもり満々かよ。反吐が出る。
Commented by 名無し at 2017-10-22 15:22 x
https://twitter.com/scarlet_shrine/status/921920271598067713
ディーラーに来てエクリプスクロスが12月発売と知る