三菱自 アイミーブ消滅。新型軽EVは別の名に

三菱自動車の益子修CEO(最高経営責任者)は18日、
読売新聞の取材に応じ、2009年に世界初の量産型の電気自動車(EV)として投入した軽自動車「アイ・ミーブ」の生産を、18年に停止することを明らかにした。  

13ebbcb5e2

同年に新たな軽自動車EVを投入する方針も示した。  アイ・ミーブは16年度の販売台数が前年度比7割減の145台にとどまるなど、販売が低迷している。
益子氏は 「 (アイ・ミーブを)もう作らず、新しい軽のEVに置き換える 」 と述べた。  
益子氏は、スポーツ用多目的車(SUV)のEVの開発も進める計画を明らかにした。また、環境規制の強化が進む中国では、「別枠で検討している」と述べ、中国市場向けに独自のEVを投入する考えを示した。 読売新聞
[PR]

by ganbaremmc | 2017-10-19 10:55 | 三菱自動車 | Comments(1)

Commented by mina at 2017-10-21 00:25 x
えっ、同年に新たな軽EVを投入するって本当ですかね?
つい先日まで19年とか言ってませんでしたっけ。