トヨタ初の逆輸入車、タイから「ハイラックス」を日本に輸出

トヨタ自動車は、初めてタイの工場から日本への車の輸出を始め、
現地で記念式典を開きました。
激しいコスト競争が続く自動車業界で生産拠点の最適化の流れは続きそうです。

59a4cc23000

トヨタ初のタイから日本への「逆輸入車」となったのは、50年前に販売が始まったピックアップトラック「ハイラックス」です。日本では人気が低迷したことから平成16年に販売を終了し、生産をタイに移管していましたが、山道など悪路での走行に適しているなど一定の需要があるとして、トヨタは13年ぶりに日本での販売を再開し、タイの工場から先月、輸出を始めました。24日はタイ中部にある工場で記念式典が開かれ、タイトヨタの菅田道信社長が「タイからの輸出は世界の120か国以上に拡大してきたが、確かな品質に取り組んだ結果、今回のモデルは日本市場に再び投入された」と述べました。タイから日本への輸出は、日産自動車などがすでに始めていますが、トヨタとしては初めてで、激しいコスト競争が続く自動車業界の生産拠点の最適化の流れは続きそうです。nhk.or.jp
[PR]

by ganbaremmc | 2017-11-24 20:42 | トヨタ | Comments(0)